スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋序曲 @KAAT

太平洋序曲チラシ
「太平洋序曲」 神奈川芸術劇場
2011年6月17日(金) ~7月3日(日) 
作詞・作曲=スティーヴン・ソンドハイム
台本=ジョン・ワイドマン
演出=宮本亜門

〈キャスト〉
八嶋智人 山本太郎
佐山陽規 畠中洋 戸井勝海
園岡新太郎 岡田正 石鍋多加史 原田優一
石井一彰 さけもとあきら 岡田誠
麻乃佳世 小此木麻里 森加織 田川可奈美
田山涼成 桂米團治

   *****

横浜に出来た新しい劇場で「太平洋序曲」を見てきました。
2002年以来、9年ぶりの観劇です。
どんなに好きだったミュージカルでも
キャストが変わったり、演出が変わったりすると
そうでもなくなることはよくあります。
好きだった曲、忘れられないシーン、
そういうものがあればあるほど、見るのが怖くもなります。

先日、テレビで「RENT」の舞台録画を見ました。
森山未來がマークを演じた日本版のRENTを見たときから少し違和感がありましたが、
このオリジナル演出でも、同じような感触を受けました。
嫌いになったわけではありません。
でも、なんだか日本の初演の時にはまったような感覚が戻ってこないのです。
それが、舞台中継を見てよくわかりました。
RENTのような話は年齢や立場が変わってしまうと見方が違ってしまうのだと。

そして、今回の太平洋序曲を見てさらに感じました。
この舞台は日本人である限りかわらないのではないかと。
懐かしいという一言では終わらない、いい時間になりました。

記憶に残っているのは「端正な、小気味よい」というものでした。
キャストは粒ぞろいで、変な風に飛び出る役はなく、
能舞台のシンプルさにそれがマッチして
小気味いい音楽とともにメッセージが
前へ前へと押し出されてくる印象でした。

今回の神奈川芸術劇場版にその印象はありませんでしたが、
主要人物等の個性や強さが際立つものになっていました。
芝居の中にあるメッセージが、キャストの個性に彩られてくっきりしたのです。
とくに、八嶋智人さんの香山はコミカルでありながらも
どうにもならずに歴史に飲み込まれていくあわれさが見事でした。
そんな風に個性が立った分、パワーが何十倍にもなり、
作品の強さとなった気がします。

「菊の花茶」のお小姓(原田優一さん)と腰元(小此木麻里さん)は
かなり演技が細かくて、笑えます。
この二人は、「NEXT」のダンスも前方に出るのですが、
それがとにかく力強くて気持ちがいい。
「プリティ・レディ」は原田優一さんと石井一彰さんが投入されたおかげで、
ピュアな水兵たちと無意味(と言っていいのか?)におびえる娘との対比が鮮明になりました。
「プリーズ・ハロー」の快活さは田山涼成さんの表情が
くるくる変わるのでさらに面白いものになりました。
さけもとさんや園岡さんの声はすぐに頭の中によみがえってくるほど素敵です。
佐山陽規さんの刺客が私は地味に好きです。

初日の観劇は最前列だったためか、
「NEXT」のメッセージは、ダンスの激しさに目を奪われ、
そこまで深く味わうことができませんでした。
もう一度行く予定があるので、次はきっと読み取りたいと思っています。
この今だからこそ読み取れるメッセージが、
この舞台にはたくさんあるはずですからね。

   *****

最後に、関係者の皆様。
最前列は舞台が高すぎて、見切れるシーンが山ほどありました。
ふすまの向こう(上)での演技は半分くらいしか見えません。
香山の釣りシーン、ナレーターの控え場所のおかげで、
舞台の半分が私の頭の中では想像です。
プリティレディに至っては前方の生け垣以外は全く見えませんでした。
前でしか感じ取れない表情も魅力ですが、
あれはもうちょっとどうにかならないものでしょうか。。。
ずっと首を伸ばして見上げていたため、次の日首が動かなくなりました。
もう少しどうにかしてください!お願いします。。。


   *****


亜門BW版のCDはこちらです

Pacific OverturesPacific Overtures
(2005/05/10)
Various

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

10年ぶりの「美女と野獣」

10年以上ぶりに「美女と野獣」を見に行ってきました。

劇団四季 美女と野獣

『美女と野獣』 (四季劇場[夏])

ビースト : 佐野正幸
ベル : 坂本里咲
モリース : 林 和男
ガストン : 田島亨祐
ルミエール : 百々義則
ルフウ : 遊佐真一
コッグスワース : 青木 朗
ミセス・ポット : 遠藤珠生
タンス夫人 : 秋山知子
バベット : 長寿真世
チップ : 伊藤綾那


【男性アンサンブル】
寺田真実 中田雄太 戸高圭介 柳 隆幸 安江洋介
安芸雅史 林 晃平 沢樹陽聖 影山 徹 熊川剣一

【女性アンサンブル】
浅井美波 千村璃永 礒辺愛奈 伊吹 悠 倖田未稀
成松 藍 加藤あゆ美 任 純姫 市村涼子 鳥海郁衣 


少し前から久しぶりにみたいなぁ、、、
なんて思っていた時に、あの地震。
心がすさんでいたんでしょうねぇ、
なんというか、ただただ幸せになれる
ミュージカルが見たくてしかたなかったのでした。

当たり前の物語の当たり前の結末。
何度も見て、何度も聞いて、わかりきっている物語なのですが、
98年に名古屋ミュージカル劇場のこけら落としで見て以来、
13年ぶりの昨日はとても素晴らしい観劇となりました。

思いの外というのか、
ビーストの切なさや
ベルのまっすぐさ、
城の住人たちの優しさ、
登場人物の思いに同調してしまい、涙が止まらず、
2幕はえりぐりが涙で冷たくなるくらい泣けて仕方がありませんでした。

佐野さんのビーストは、なんともお茶目でかわいい。
もちろん綜馬さんや荒川さんのビーストもかわいかったのですが、
なんというか、ベルへのひたむきさが好みなのだと思います。
最後の王子さまの衣装とカツラが
あんなに似合う人も初めてみたような。
…顔が濃いんですかね(笑)

市村さんや祐一郎さんのファントムを見たことがない私は、
(他のキャストに比べ)線が細く、神経質で繊細な狂気を表現した
佐野さんのファントムが大好きでした。
まさか、こんなにビーストにはまっているとは。

とても楽しい観劇になりました。
また行っちゃうかも。。。

2010年 観劇総観

今年もあとわずかとなりました。
なかなか記事もupしないブログにお付き合いいただき、
ありがとうございます。

この場を借りて、今年の観劇記録と
今年の壮観をまとめておきたいと思います。


≪2010年 観劇演目≫
日時 演目
1 1月15日 キャバレー
2 1月26日 蜘蛛女のキス
3 1月28日 蜘蛛女のキス
4 2月2日 Z-Angleイベント
5 2月4日 Z-Angleイベント
6 2月23日 カーテンズ
7 2月24日 ロイ・ハーグローブ
8 2月26日 モリー先生との火曜日
9 2月27日 上海バンスキング
10 3月3日 ランディ・ブレッカー
11 3月10日 変身
12 3月14日 上海バンスキング
13 3月19日 変身
14 3月20日 金門五山桐-石川五右衛門-
15 3月23日 新幹線RX 薔薇とサムライ
16 3月26日 ミッシェル・カミロ&チューチョ・バルデス
17 4月9日 サイドショー
18 4月17日 ブラッドブラザーズ
19 4月20日 レベッカ
20 4月26日 ビンクボンゴ
21 5月7日 2人の夫とわたしの事情
22 5月8日 レベッカ
23 5月26日 マルコス・ヴァーリ
24 6月2日 キャンディード
25 6月3日 グリフォン
26 6月4日 -初恋
27 6月16日 マシュー・ボーン白鳥の湖
28 6月22日 M.クンツェ&S.リーヴァイの世界
29 6月25日 本田雅人ビックバンド
30 6月28日 ラブ・レターズ 三上市朗&石野真子
31 7月3日 ドリ・カイミ&小野リサ
32 7月5日 醜男
33 7月7日 ハービー・メイソン カメレオンバンド
34 7月9日 伽藍琳ライブ
35 7月31日 黙阿弥オペラ
36 8月2日 空白に落ちた男
37 8月9日 エリザベート
38 8月17日 デコと仲間のマイブルーヘブンコンサート
39 9月10日 ハーパー・リーガン
40 9月14日 エリザベート
41 10月8日 33の変奏曲
42 10月13日 ファンタスティックス
43 10月16日 キャンディー・ダルファー
44 10月19日 エリザベート
45 10月22日 ミシェル・カミロ ビックバンド
46 10月31日 わが町
47 11月8日 タンゴ
48 11月15日 Z-Angleイベント
49 11月17日 インコグニート
50 11月24日 モーツァルト
51 11月30日 ジャンヌ・ダルク
52 12月7日 ラブ・レターズ 森山未來&YUKI
53 12月11日 モーツァルト

今年はなんといってもM.クンツェ&S.リーヴァイの年でしたね。
すべて再演でありながら、どれもずいぶん楽しみました。
ウィーンミュージカルの面白さは充分感じていますが、
ロンドン・NYミュージカルの面白いものを
もう一度見てみたい!!という気がします。

静岡劇場の力強さにも感動しました。
東京から新幹線で1時間程度で行ける場所なのに(だから?)
往復無料バスを出しての盛り上げ方。
見やすい劇場、環境のよさ、
たくさんラインナップされていますので、
ぜひぜひまたお邪魔してみたいと思いました。

面白かったのは、「LOVE LETTERS」
今年は2組を見ました。

三上市朗&石野真子
森山未來&YUKI

の二組です。
全く違った2組だからこそ、面白かったのかもしれません。
石野真子さんとYUKIさんの1幕の衣装のかわいいこと!!
2幕の息の詰まるような感情、とても素晴らしい2人でした。
今まで、男性キャスト中心の見かたをしていたので、
全く違うものに思えました。
そして、最後の一言をどう表現するかで、
こうも違うのかと知りました。
来年のキャストも徐々に出てきていますから、
また見に行きたいとおもいます。

   *****

来年は、レ・ミゼラブルの年になるでしょうか。
私自身の立ち位置がまた変わりそうな予感のする年。
観劇に力をもらいつつ、
楽しいわくわくするような年にしたいと思っています。
皆さま、来年もよろしくお願いいたします。
観劇初めは1/2の「時計じかけのオレンジ」からです。
劇場でお会いしましょう♪

それでは、よい年をお迎えください。


テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

LOVE LETTERS by PARCO

12月7日、パルコへラブレターズを見に行ってきました。

LOVE LETTERS
12/7 LOVE LETTERS
20th Anniversary Christmas Special
森山未來 × YUKI

久々の観劇記です。
最近、面白いとは思っても、
書き留めておきたいという衝動に駆られることが
ほとんどなく、なかなかブログも更新していませんが、
今回の舞台は、かなり苦労して手に入れた
プラチナチケットであり、
これからも期待する舞台のひとつであり、
今までのラブレターズとは全く違うものでも
あったように思うので、ここに書いておきたいと思います。

ラブレターズという舞台は、
いろいろなキャストが語り継いできたことで、
魅力が深くなった作品だと思いますが、
今回の「森山未來 × YUKI」は
その中でもかなり異端なものでした。

ラブレターズは、二人の男女の俳優が
淡々と本を手に生涯書き綴ったお互いへの手紙を
読み上げる朗読劇です。
今までも、多少の手振り身振りや、
衣装替え、などはありましたが、
今回のYUKIは、かなり自由に演じているように思いました。
前半のかわいらしい女の子のような
金のパフスリーブワンピースから、
奇抜なバイオリンの首飾りがついたシャツへの衣装替え。
アーティストになったメリッサを象徴するかのように
2幕では台本と手を画材で汚し、髪もチェンジしました。
足をパタパタさせたり、深く座ったり、
本から目を離したり、服を直したり、
アンディ(森山未來)を見つめたり。
そのたびに、森山未來は、
淡々と朗読を続けながらもはにかんだり、吹き出したり。
1幕は特に、とても楽しそうな、二人の関係がほほえましいものでした。

自由奔放に演じるメリッサ
何にも動じずに手紙を読むアンディ
これがこのラブレターズのキーポイントなのだと思いました。

でも、考えさせられた少しもの悲しい2幕目。
ラストのアンディ最後の手紙を読む場面。
メリッサはもうこの世の人ではありません。
初めて本から顔を上げ、アンディを見つめ、
「ありがとう」
話しかけるメリッサ。
いつもなら、こんな演出に涙涙になるはずが、
それまで自由に動いていたYUKIの動きが逆に働き、
最後、人間らしい(もういないのに)メリッサの
大切な一言が薄れてしまい、
なんだかあっさりした最後になってしまいました。
ちょっと物足りない最後。
ラブレターズの醍醐味は、やはり朗読という点に
あったのだ、と思った一公演でした。

ただ、こんな風に、いろんなタイプの
メリッサとアンディや演出が見られるのも、
このラブレターズの醍醐味。
とても楽しんだ一日でした。

チケットを取るのに、たくさんの方に協力いただきましたが、
結局、先行・一般合わせて14口も抽選もれ。
当日券に4台の電話からトライ、運良くゲットして
見ることができました。
いろいろしてくださったみなさん、ありがとうです!!!

*****

もちろん、アンケートの今後見たいアンディには
「石川禅」さんを書いてきました。
次回のラブレターズは2月と発表されましたが、
その頃は、地方だもん、今度もナシねぇ。
未來氏は、タンゴ3日後のダンス公演のさらに3日後というエントリー。
ぜひぜひ、禅さんにも隙間をぬって頑張ってほしいものです。
・・・そして、その時はこれほどの倍率にはなりませんように。。。

ここのところの観劇ひとまとめ。

クリエのコンサートも無事終わりまして。
観劇予定も、夏メニューに突入という具合です。

クリエのコンサートは、イベント感満載のとても楽しいものでした。
コンサート・ライブと名のつく物は、
私ちょっと苦手でありまして、
今回のクリコンも例にもれず3曲目で飽きました(苦笑)。
しかし、それは決して面白くなかったという意味ではありません。
楽しかったです。
あんな小さな劇場で、めいいっぱいの歌声聞いて、
パワーをもらわないはずがありません。
久しぶりに仲間たちとも飲み、楽しい一日でした。

 ***

ここのところは、観劇も一段落といった具合です。
昨日は、ラブ・レターズに行ってきました。
「三上市朗×石野真子」組でした。
今まで、岡さん・石井一孝さん・今さん、、、と
分かる人にしか分からない片寄った見方をしていたので、
純粋にお芝居として見たのは、昨日が初めてだったのかもしれません。
石野真子さんは、とにかく!とにかく!!とにかく!!!かわいくて、
落ち着いた、というか決して派手にはふるまわない三上さんの前で
かわいく、わがままに、奔放に振る舞い、
でも、そんな二人が引かれていく2幕は切なくて、
涙涙で終わりました。

今までは、いつもメリッサに振り回されているアンディ、
という感じで見ていたのですが、
そうでもないのかな、、、という気も今回はしました。
でも、一緒に行った友人の
「あんな風でも、最後に"ありがとう"って言えるって素敵だよね」
という一言にまた涙しそうになりました。

先々週に見た「白鳥の湖」は噂に違わず、パワフルな舞台で、
6月始めに見た今井朋彦さん出演の「-初恋」も
とても素敵なお芝居でした。
そういえば、同じ頃みた「キャンディード」にしても、
みんな、自分に素直にまっすぐ生きているなぁ。。。

というわけで、6月はしみじみいい人生を見た月でした。
7月は今のところ全く予定が入っていない!!!
「空白に落ちた男」は見てみたいぞ♪
オススメを是非教えてください。

さて、誰でしょう?

moblog_160b18b7.jpg

ほら、見覚えのある背中。

↓興味のある方は追記をクリック♪

続きを読む

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。