スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守り神?

うちの華は「抱っこ」が大嫌いです。
狭いマンションの我が家では、
「抱っこ」を迫る私の“悪の手”から逃れるため、
小さい頭をひねりにひねって、
片時も気を緩めることはありません(かわいそうに・笑)。

今一番の隠れ家は、父の絵のイーゼルの裏。
絵の具があちこちに飛び散っていて、
油断も隙もない、この一角は、
華しか自由に動くことが出来ません。。。

いつでも逃げ込めるよう、目を光らせているのです(--;;;

いつどこから襲われても。。。







…なぁぁぁっっっっっ!!!!
「秘太刀・馬の骨」に今井朋彦さんがっっっ!!!!!!!!!!
知らなかったよ~、うっちーと共演している。。。
首の振り方が優雅だわぁ(笑)。


スポンサーサイト

映画の見方

皆さんを裏切り(?)、出し抜き(笑)、
『ファンタスティック・フォー』へ行ってまいりました!

(以下、ちょいネタばれ、ドラッグしつつお読みください)
禅さん、もとい、リード初っぱなから登場です。
主人公だもんねぇ~
残念ながら、キュートな部分はジョニー・ストームに持って行かれ、
インパクトはベン・グリムに到底勝てるはずもなく、
ちょっと勿体ない感じもありましたが、
「全身全霊をかけて!」
「結婚して下さい…」(だったかな)

などなど、イケてる台詞も盛りだくさん、
真面目で真っ直ぐな科学者を好演です。

(うぅ~、
未來くんが「助けて下さい!!」と叫んでる~~~(涙)
by 世界の中心で愛を叫ぶ)

スー・ストームを演じるジェシカ・アルパのスタイルが超かわいくてかっこいいです。
肋骨が細いっっっ!!!ありゃぁ、どんなに鍛えても痩せても骨が違いそうだぁ。

そして、なんだか意味ありげな終わり方!
アメリカでは、何十年?十何年?も続く大人気コミックだということだから、
これは続編を期待できるのかしら???!!!

・・・とは思うのですが。。。



やばいです。
職場近くに最近できた、今流行りのシネコン、
ゴージャスなシステムと大迫力の画面と音が売りです。

確かに交通の便は最悪だけど、
確かに変な時間(16:40からの回)だけど、
確かに吹き替え版だけど、、、

128席あるのに、お客私一人ってことはないでしょう!!!!!!!!!

チケット購入カウンターで。
「ファンタスティック・フォー吹き替え版、4時40分の回を一枚」
「割引券ご利用ですね、お一人様1600円、お席はすべて指定になります。
 ただいま、まだ全席開いておりますので、お好きな席をどうぞ。」
「・・・え!!!全席っっっ・・・!!!」

おねぇさん真っ青、私も真っ青ですよ

映画はよく一人で見に行くけれど、
5人だったり、3組だったりしたことはあるけれど、
1人って、全然イケてません。。。

言ってみれば、、、

ディズニー・ランド借り切って一人イッツ・ア・スモール・ワールドって感じ?


【今日の教訓】

映画はみんなで楽しく見に行きましょう。





吹き替え版の上映が打ち切られる前に、みんなで見に行こうね。。。

予定変更!

「エリザベート」楽だというのに、
チケットはないし(まぁ、諦めて努力もしなかったんだけれど)、
楽組を迎えにでも行こうかとも思ったけれど、
携帯も家に忘れたし、
仕事は超どうでもいい雑用な扱われ方で頭にくるし!!!

今日は予定変更!
さっさと仕事を片づけて私は
「ファンタスティック・フォー」
をこれから見に行きます!!!

エリザベート観劇コメント 専用記事

(ただいま、この記事を一番上に固定しています。最新記事はこの下↓)

祝!!エリザベート開幕!
ご覧になったみなさま、ぜひぜひ感想お願いします~♪
書き込みはこの記事枠内下にあの「コメント」をクリック!!
ネタばれ記事は、文字色を「  (しろ)←範囲指定してみてねん」に指定!
では皆さま、1ヶ月、楽しみましょ~♪


「東宝ミュージカル エリザベート」
脚本・歌詞 : ミヒャエル・クンツェ  音楽 : シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 : 小池修一郎
出演 : 一路真輝、内野聖陽/山口祐一郎(ダブルキャスト)、
    高嶋政宏、鈴木綜馬/石川禅(ダブルキャスト)、
    寿ひずる、村井国夫、
    浦井健治/パク・トンハ/井上芳雄(トリプルキャスト)、他

明日より

父が明日より上野松坂屋にて個展を行います。

モンマルトルの風景「パン屋さん」F8


パリで暮らした1年間の集大成です(たぶん)。
まぁ、近くまでいらした時には、お立ち寄り下さい。

期間:9月28日(水)~10月4日(火)
場所:上野松坂屋 南館7階画廊
http://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/garou/ueno_ga.shtml

酒井祐二展

今日は、私の日本画の先生だった
(というのは、おそらく日本画を描くことはもう二度とないから・笑)
酒井先生の個展に行ってきました。

・・・わたしにゃ、「絵」はわからん。

それでも、先生の個展会場の空間は心地よい空気が流れています。
前回の個展の時は、そんなにでもなかったけれど、
今回の画仙紙を使った作品群には、
日本の気候や空気や歴史を含めた
「かたち」というか「雰囲気」みたいなものが
見える気がします。

私がいつも意識しているのは、「日本ぽい色」。
先生の作品は、黒と白がメインなので(たぶん)、
「色」とは違うのかもしれませんが、
そういう雰囲気を感じられるという意味です。

まぁ、こんなえらそうなこと言って、
誰がどこで何をみているか、わからないから、
ここでやめておこ。




酒井祐二展
9/28まで 13:00-19:00(最終日17:00)
ギャラリー4GATS  ( Gallery 4GATS )
住所: 〒 155-0033 東京都世田谷区代田3-25-13
TEL: 03-3421-7766  / FAX: 03-3421-7766

あまりの反響に。。。

せっかく皆さまの心を癒すことに成功した
貝クッション」ですが、、、

中身、買いました。。。


かわいいけれど。。。(笑)



使いごこちは抜群ですよっっ、もちろん。
・・・でも、癒しは半減???(笑)

(パウダービーズクッションの40×40は見つからず、
結局普通の中身になってしまいました、残念っ)

エリザベート 05/09/23.24

今回、私はこんなにもフランツとルドルフの不仲を
残念に思うことになるとは思っていませんでした。

elizabeth

2005/9/23 昼公演         2005/9/24 昼公演
トート:内野聖陽             トート:山口祐一郎
フランツ:石川禅            フランツ:石川禅
ルドルフ:井上芳雄          ルドルフ:井上芳雄
ルドルフ(子供時代):苫篠 和馬   ルドルフ(子供時代):苫篠 和馬

昨日、今日、と最後のエリザベート観劇をしてまいりました。
当初、チケットが全く取れず、
井上ルドルフはあきらめるか、、、と思っていたのですが、
諦めずによかった……!!!
最高のエリザベートを見ることができました。

初っぱな、「我ら息絶えし者ども」で、
井上くんの声がぴーんと届いたとき、本当に鳥肌が立ちました。
初演の時、そういえば井上くんの闇が広がるを聞きたくて、
毎週のように帝劇に通ったことを思い出しました。
(禅さんがフランツで出演した時よりも通っていた・笑)

でも、井上芳雄という役者は、あんなにも抜群の「間」を持っている役者さんだったでしょうか。
フランツに新聞を突き出されたときにのむ一瞬の間、
群衆を振り向かせようとするたびにする一瞬の落胆、
トートに引き寄せられて我を忘れる一瞬の表情、
「ママも僕を見捨てるんだね」という言葉を絞り出すまでの空白、
マリー・ヴェッツェラの亡霊(だっけ?)に吸い寄せられる一歩、
引き金を引き、銃口を向けるまでの溜め、、、
どれも完璧で、心地よくて、涙がボロボロこぼれました。
他のキャストと比べる訳ではないけれど、
井上君のあの「間」が私の感情をかき立てるのに
本当にぴったりきた、という感じです。

その上、昨日の内野トートの時は特に、
すっかりトートに魅入ってしまっている表情の一瞬が何度もあって、
トートとの関係も微妙にざわつく感が最高でした。

あの表情を見ながら、昔、大学の授業で「仏像概論」か何かを取ったとき、
担当教授が話していた、唇の形の話を思い出しました。
まだ言いたいこと、思っていること、言い切れていないことが
山ほどある若い男の子と、
言いたいことも本当の思いもすべて我慢して、
家族や会社のために働いているおじさんとは、
唇の形が全く違う、という話です。
(仏像の唇は、時代によってその2つに分けられるというのがその先生の持論)
その先生曰く、唇のふくらみと突き出し方が全く逆なのだとか。
井上くんの、内野さんトートに魅入っている時の唇は間違いなく、あれだった!!(笑)

まぁ、そんな話はさておき、
ルドルフの思いと信念が浮き立った分、
その後のエリザベートの孤独というのか、絶望というのか、
それがますますはっきりしてきて、
夜のボートのすれ違いがますますリアルになりました。

それだけに、禅さんのフランツと井上くんのルドルフのやりとりが、
あの2シーンだけだということがもったいなくて仕方ありません。
二人の絡みをもっともっと見たい~~~!!!
また、違う作品で共演することを楽しみにしたいです。

大失敗です(涙)

先日買ったあのネルの生地で、
クッションカバーを作りました!!!

かわいくできた~~~っっっ


黄色いファスナーがかわいいでしょうっっ?!!
こんなもんに1時間もかけてしまった。。。

数年前、流行りに流行って、私も思わず購入した
パウダービーズクッション。
ふわふわで、超お気に入りでしたが、
だんだん薄汚れて、パウダーもへたって、
かわいそうになってきたので、
これに入れようとサイズを測って作ったのです。

・・・測ったんですよ、ちゃんと。
それなのに。。。(数字は弱い、確かに弱いが。。。)
















貝じゃあるまいし。。。


どうがんばってもこれだけ入りません。
貝じゃあるまいし。

癒されてください(^^)

今日は、普段あまりしない禅さんの出待ちなぞをして、
なんだか穏やかな笑顔にすっかり癒されてしまったので、
皆さまにもちょっとだけ癒しを(^^)。


癒されて下さい


・・・ま、はっきり言えば、親ばか、ネコバカです(笑)。
これは、今年の3月頃でしたか、
まだ日本画科の学生だった頃、
課題をすませなくてはならずに、
ポピーを大量にお花やさんの友人から譲ってもらい、
絵に描きました。
その時、ついでに撮りました。
・・・あれ?今年の3月は、私もう学生じゃないぞ?
・・・あらら?なんで買ったんだろう、このポピー。。。
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。