スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクーン歌舞伎『東海道四谷怪談』

コクーンへ並びに行きました。

大興奮ですよ
コクーン歌舞伎『東海道四谷怪談』
作:四世鶴屋南北
演出:串田和美
キャスト:中村勘三郎/中村橋之助/中村七之助
坂東新悟/笹野高史/片岡亀蔵/坂東弥十郎/中村扇雀 ほか

コクーン歌舞伎です。
今回は、チケット取りにも参戦しなかったし、
まぁ、再演だし(って言っても初演見ていないけれど)、
私の性格上、片っぽ見に行けば、絶対もう一つ見に行きたくなるし、
今回はやめとこ、、、と思っていたのですが。
なんとなく、行きたくなり、
知り合いと話していたら、絶対行きたくなり、
ちょっと調べてみたら立ち見安いし、
よっしゃ、並ぶか!!と気合いを入れました。

当日券は、開演の一時間前に発売です。
大体その1時間半も前に行けば大丈夫だろうと、
ゆっくり出かけたのですが、
着いたらもう7~8人並んでいる!
今回の『東海道四谷怪談』は、南版と北版があるのですが、
南は初演を手直ししたもの、北は今回のために新しく
串田和美が演出したものになっています。
北は、回数が少なく、ほとんどすべてが昼公演。
普通の演出なら、これからも何度も見る機会はあるだろう、と
北版を選んで並びに行ったのですが、
やはり、回数が少ないだけあって、
チケットも売れているようでした。

さて、無事チケットも取れて、見始めると。
いやいや面白いじゃないの。
南版とは違って、本水は使わず、「」で表現、
水の怖さと楽しさと、滔々とした深みを感じられる川が素晴らしく面白く、
鳴り物はほとんどトランペットなどの金管楽器とドラムに置き換えられ、
その中で歌舞伎の面白さを見られたような気がしたのでした。

以前、大学の歌舞伎の先生と話をしていたときに、
(その先生曰く)「野田秀樹の「研辰の討たれ」は
歌舞伎役者を使った単なる江戸時代の話、だけれど、
串田演出のコクーンや浅草歌舞伎は
しっかり歌舞伎になっていてその上面白い」
という話でした。
私は、歌舞伎の定義とは何なんですかと食い下がりましたが、
その辺はよくわからず、
でも、串田演出は歌舞伎なのか、
今度見るときは、その辺を見極めよう~
なんて軽く思ったのでした。

そして、歌舞伎の定義は、結局分からなかったものの、
必ずしも和楽器でなくても古典通りの演出でなくても
歌舞伎としてきちんと「傾く(かぶく)」ことはでき、
それが観客に受け入れられれば
「歌舞伎になるのだ」と思ったのでした。

3時間40分の長丁場だったのにもかかわらず、
全く疲れは感じられず、
替わりに異常な興奮で、
串田ファンの友人に電話をしながら渋谷へ歩いていると、
ふと、「・・・今戻れば夜の南版の立ち見も手にはいるんじゃないか」
と魔がさし、Uターン(爆)。
立ち見戦線第二戦を決意実行となりました。

北版を見始めてみると。
あんなに「南版」の歌舞伎歌舞伎しない歌舞伎らしさに感動していたのに、
「あらら、やっぱり、歌舞伎には古典が似合うのだろうか」と
目の前の北版に夢中(笑)。
(もちろん、コクーン歌舞伎が真の古典だとも思いませんが)
本水を使った砂村隠亡堀の場は南のアイディアと面白さにはかなわんでしょ、と
思ったのもつかの間、勘三郎三役の早変わりと水の迫力に大絶唱してしまったのでした。
その後もお岩さんの物語と話題の場面が完全なエンターティメント化され、
(これは真のエンターティメントだ、と思ったのは、
ジャニーズの「SHOCK」を見に行ったとき以来です)
客席の悲鳴までを利用した演出に大興奮したのでした。

しかし、男っていうのは、なんて非道い生き物なんでしょうか。
そして、それでも男から自立できない女は馬鹿だ。
しかし、今の時代は、それに気づいてしまった(?)女が
どんどん自立し、力をつけたからこそ、
社会がおかしくなっているのかも、、、
日本は(人間社会は、かな?)女の我慢の上に
あったのかもしれない、、、
などと無駄に考えてしまった一日でした。

〈今日の結論〉
男は非道い、女は馬鹿。



後日。
別の歌舞伎の先生に「歌舞伎って何なんですか!」と
また食い下がったところ。
歌舞伎の定義についてはやっぱりわからずじまいでしたが、
「古典は古典として残さない限りいわゆる歌舞伎はなくなってしまう」
というお話でした。
そして、「歌右衛門のお岩さんは、そりゃぁもう"悲惨~"という感じで、
あんな風(コクーン歌舞伎のよう)に笑えなんかしなかった、
お岩さんは単純にコクーン歌舞伎を喜んではいないんじゃないかしら」
という話になり、
勘三郎さんでないお岩さんを無性に見たくなったのでした。



何で北と南なんだろう、、、と思っていたけれど、
なんだ!!!鶴屋南北だから、南と北なのかっっ!!!
今気がついた~(笑)。



コクーン歌舞伎
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/event/kabuki7/index.html

当日券情報

発売時間: 全公演 開演の1時間前より
場所: シアターコクーン当日券売場
料金: 1等平場席・¥13,000
1等椅子席・¥13,000
2等席・¥8,500
3等席・売切

立見A(中2階バルコニー)・¥3,500
立見B(2階バルコニー)・¥2,500 ※立見Aが売切れた場合のみ発売
※ お立見は、A・Bとも中2階、2階両脇バルコニーのお席のうしろに立ってご覧いただくようになります。そのためお立見はかなりご覧になりにくい状態となります。ご了承の上お買い求めください。
尚、お立ちいただく場所はすべて指定となっております。比較的見やすいところから順番に販売いたします。
※料金はすべて税込

私の経験上(笑)、立ち見をするなら、
左右の8番がオススメです。
そして、昼夜の立ち見もなかなかですが、
楽な格好で挑戦してください(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

手作りって楽しいっ

世間が春休みの今、私もひとときのお休みです。
4月からの準備と新しい面白いものを探し求めて、
毎日遊んで暮らしています(笑)。

そして、今日は。
またちょっとした手作りに挑戦(^^)。

さて、何が出来るでしょう?

今日の主役はこれ↑です。
さて、なんでしょう。
最近流行っているようで、ちょっとした手芸店に行けば、
カラフルなものが何種類も売られています。
私が初めてこれを知ったのは、学生の時。
(・・・10年も前ではないと思う)
授業でとりあえず試しに取り上げられた時でした。
そして、これは、その時の余り。
どうにも出来ず、戸棚の中にしまい込んであったのですが。

そして、先日かわいい本を見つけました。

『フェルトの小さな動物モチーフ雑貨』

『フェルトの小さな動物モチーフ雑貨』 山崎左織:著

そうです!!上の写真は羊の「原毛」なのです。
もちろん洗浄され、使いやすいように加工されたものですが、
ふわふわのそのままのものです。
これを酸性染料で好きな色に染色し、
(あるいは、カラーのものを購入し)
好きな形や大きさに均一に広げ、
中性洗剤をほんの少量溶かしたぬるま湯で、
セーターをダメにするように
押してもんでこすりつけていくと、、、
1時間後くらいにフェルト化されるのです。
そうか、こう洗うとセーターはダメになるのだな、
と考えながらこすっているとあっという間です。

今回は、染色するのも面倒くさいので、
生成りのものをそのまま使用。
『フェルトの小さな動物モチーフ雑貨』にあった、
子ぶたのポーチに挑戦です。

1時間後。
これがこう変わるのです。

かわいい子ぶたの形に変わりました。
(写真は、そこにしっぽと耳と目をフェルティングニードルという針で取り付けたものです)

あとはファスナーをつけたら出来上がり(^^)。

もう一息で完成!!

う~ん、充実した一日だった!
来年度、時間が余ったら生徒に挑戦させよう(^^)。

テーマ : かわいい雑貨
ジャンル : 趣味・実用

狂気の桜

今更ですが、
今晩am2:25~4:25 テレビ朝日で放映の
窪塚洋介「狂気の桜」
角川裕明氏も出演されてま~す…たぶん。
みんな見てねん。




角川裕明
http://www.mh-project.com/kakukawa/

狂気の桜
http://www.toei-video.co.jp/data/kyoki/

韓国版 ジキル&ハイド

韓国版ジキル&ハイドを見に行って参りました。

韓国版 ジキル&ハイド

「韓国ミュージカル ジキル&ハイド」
原作:ロバート・スティーブンソン 
脚本・作詞:レスリー・ブリッカス 
作曲:フランク・ワイルドホーン 
出演:チョ・スンウ/リュ・ジョンハン/
   イ・ヘギョン/キム・ソニョン/イ・ヨンミ他

BW版を踏襲した若いパワーあふれるジキル&ハイドでした。
ストーリーの運び、小道具の数々、キャストのキャラクター、、、
日本版とはもちろん印象から違います。
ステージングというのでしょうか、
ダンスとか、人の流れとか、殺人事件の場面とか
がずいぶん地味だなぁ、とか、
日本版では描かれていない(BW版にはある)ルーシーが
「どん底」(韓国版でもこの名前だろうか、あの店は)に
登場するまでの流れ、好きだなぁ、とか、
BW版で使われている「善と悪 / Good 'N' Evil」なしにそのまま進めると
ジキルが自分自身で実験しようと思い立つ場面が弱いなぁ、、、
(というか、全く記憶に残っていない、てゆーか、もしかしてなかった???)とか、
「生きている / Alive」(最初の方)や「罪な遊戯 / Dangerous Game」は
日本版の方が断然っっっ!!!面白い、とか、
アターソンって、結構年寄りでもいいんだ、とか、
まぁ、いろいろ思うところはありますが。

一番思ったことは、鹿賀さん、マルシアはもちろん素晴らしいけれど、
いかんせん、やっぱり年が行き過ぎている。。。
私はやっぱり贔屓目というか、
いつか、いや、近いうちに、いつか、
禅さんにジキルとハイドをやってほしいと思っていた。
でも、今日の舞台を見て一番思ったことは、
・・・禅さんでも年が行き過ぎている。。。(苦笑)
やはり、ジキルは若くて有能で、それなりの自信と自負のある
ある意味無鉄砲な若者ではならなくて、
もし、禅さんや鹿賀さんの年まで独り身で研究を続けていたら、
もっと堅実な確固たる信念を持った研究者になっているはずで、
物語として、あぁいう結果は招かなかったのではないかと。
そういう意味では、今回の韓国版のリュ・ジョンハンは、
本当にぴったりで(そのうえ、歌声にもパワーあり)
なんというか、お腹のそこから納得できる
ジキル&ハイドを見たという気がしました。

そして、何よりイ・ヘギョン(エマ役)!!!
容姿はなんというか、その、あんまり美人ではない???(失礼)けれど、
エマの本来の天真爛漫さを表現する笑顔、
若さの中にあふれる母性、
そういったものが演技の端々に見ることができ、
芝居が終わる頃には私の中ですっかりとびっきりのかわいい女に。。。(笑)
「あれは夢 / Once Upon a Dream」の懐深さはもちろんだけれど、
「その目に / In His Eyes」では
片方の悲痛な(というのかな)ルーシーの表情とは対照的に
特上の笑顔と声とがほんとうにあったかくて、
ジキルとハイドが必要としていた表と裏がここにあるんだ、
なんて、よくわからないけれどすごく納得出来てしまったのでした。

韓国版、見られてよかったよかった(^^)。
もう一人のチョ・スンウはどうだったのかな~?
見た方、ぜひ感想を!!
(ついでに、昨日のルーシーはどっちだったんだろか?
キム・ソニョンな気がするんだけど、、、よくわからなかった。
「連れてきて」か何かを歌っているときに、
なんだか振り付けにあんまり合わないロック調で、
この人、レントとか出てそうだなぁ、、、なんて思ったのでした)

銅版画家 長谷川潔展

横浜美術館で行われている
銅版画家 長谷川潔展 作品のすべて
へ行ってまいりました。

銅版画家 長谷川潔展

「絵画」というものにはほとんど興味がなく、
絵画展にはめったに出かけない私です。
ところが、先々週でしたか、たまたま見た新日曜美術館。
晩年の長谷川潔がよく使ったという小鳥などのモチーフや、
フランスに渡ってよみがえらせたという古い手法の黒い色というのを
どうしても実際に見たくなり、横浜まで出かけてきました。
美術展というのは、友達なんかと何人かで見に行き、
お茶なんかをしながらあぁだこぅだとおしゃべりすることも
もちろん楽しいし、好きです。
そうしていろんな人と出かけると、
その人の考え方がかいま見られたり、
思いもしなかった見方をすることが出来たりします。
でも、一人でじっくり、何度ももどったり座り込んだり、
そんな見方も楽しいです。
・・・そうだ、観劇と一緒ですね(^^)
そして、今回は、一人を選びました。

版画制作の手法を全く知らなかったこともありますが、
版画といっても、凹版と凸版とあり、
その中にもいろいろあって、
インクの色にも多々あって、
長谷川がどんな風に変わっていったのか、
手に取るようにわかる展示で、
日曜美術館に取り上げられたにもかかわらず、
ちょうどいい混みようで、
本当に楽しい時間を過ごしました。

楽しみにしていた小鳥は、
一寸の狂いもないような出来上がった形にみえたので、
表情がかたいのかな?なんて思っていましたが、
まあるい目が本当に透き通っていて、
表情は最小限に抑えられた中にお茶目な空気が感じられて、
かわいいのなんのって。。。
モチーフに対する愛情っていうのは、
こうして作品に出てくるのだなぁ。。。と感動しきりです。

そして、この美術館はなかなかの商売上手です(笑)。
長谷川の企画展を見終わると、今回特別に作ったという
長谷川の絵からモチーフを取り上げたスタンプを1つ押してくれます。
隣の常設展を見るともう一つ。
その二つを持っていってミュージアムショップで買い物すると
三つ目のはんことポストカードを一枚。
隣接するレストランへ行って食事をすると、
四つ目のはんことしおりを一枚。
長谷川のモチーフの数々に魅せられてしまった私には、
網にとらえられた魚のように、
すべてのスタンプをあつめまくってしまいました。
レストランは、ほとんどのメニューが
ちょっと値段も立派なフレンチでしたが、
一番安くて早いエキスプレス・ランチ1200円がまたおいしくて。
私が選んだ「黒むつのポワレ」は皮はパリパリでしっとり甘くて。
ビーツをベースにしたという梅風味の赤いソースと
大きめに切られた蕪やオクラやベビーコーンや
(もう一つが何か思い出せない)と彩りも鮮やかに、
隣の人が頼んでいたお肉料理よりも美味しそうなのを確認し、
一人でほくそ笑んだ大人げない私でした(笑)。

会期は3月26日(日曜)まで。
休館日は毎週木曜日、
10時から18時まで開館、金曜日は20時まで(入館は閉館の30分前まで)。
オススメですよ。




横浜美術館
http://www.yma.city.yokohama.jp/index.html
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目4番1号
電話:045-221-0300 ファックス:045-221-0317

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

BEST MUSICAL 2

昨日、Z-Angleの会員限定イベントへ行ってまいりました。
昨日はBEST MUSICAL 2の発売日。サイン会も兼ねてました。
詳しい内容は、ここでは書けませんが(会員限定イベントは秘密厳守なのです・笑)、
いつものようなパフォーマンスはなかったけれど、
なんだかいつもより禅さんとの距離が近いような感じを受けたイベントでした。

さて(^^)。
BEST MUSICAL 2
BEST MUSICAL 2です。
家に帰って、早速聴きました。

一番楽しみにしていた「ホワット・ユー・オウン」。
禅さんが「ろじゃぁ」だった~~~!!!
・・・でも、ダメ(笑)。
やっぱり、聞き込んだCDと見た舞台の印象が強すぎて、
禅さんと橋本さんの声に違和感ですっっ(涙)。

禅さんの「ミス・サイゴン」は思い通りでしたが、
禅さん、前より声が太くなった???
ムジカーザで聴いた時とはちょっと違うようでした。

一番面白かったのは、
さとしさんのヘデロ王の歌!!
シンセの音が私はあまり好きではないので、
この曲がちょっと落ち着いたというのもありますが、
「ジーザス・クライスト・スーパー・スター」を通して
聴いている訳ではないのに、
物語とあの舞台風景が頭に浮かんできて、
すごい面白かった~!!!
さとしさん、「ベガーズオペラ」の時より好きだ(^^)。
・・・でも、レントはイケてません(私の中でね・笑)





『BEST MUSICAL 2』
2006.03.08 発売
アルバム / VICP-63326
\3,000(税込) / \2,857(税抜)
Victor

01 君住む街で「マイ・フェア・レディ」より / 浦井 健治
02 ホワット・ユー・オウン「レント」より / 石川 禅/橋本 さとし
03 テイク・ミー・アズ・アイ・アム「ジギルとハイド」より / 石井 一孝/剣持 たまき
04 ホワイ・ゴット・ホワイ「ミス・サイゴン」より / 石川 禅
05 夜のボート「エリザベート」より / 戸井 勝海/シルビア・グラブ
06 ヘデロ王の歌「ジーザス・クライスト・スーパー・スター」より / 橋本 さとし
07 オール・アイ・アスク・オブ・ユー「オペラ座の怪人」より / 浦井 健治/剣持 たまき
08 サンセット・ブールバード「サンセット大通り」より / 石井 一孝
09 終わりなき夜「ライオン・キング」より / 戸井 勝海
10 僕こそスターライト「スターライト・エクスプレス」より / 石井 一孝/阿部 よしつぐ
11 世界が終わる夜のように「ミス・サイゴン」より / 石川 禅/シルビア・グラブ

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

ペンケース

ペンケース


父から知り合いにプレゼントするのでと
注文をもらい、ペンケースを制作しました。
サイズは5センチ×17センチ、
ペンは3本程度しか入りませんが、この形が結構好きです。
リーディンググラスというのか?グラスが細いタイプの
携帯用の老眼鏡なんかも入ります。
大きいがま口はなかなかかわいいタイプがなくてねぇ。。。

今回は春も近いので、季節柄をいくつか。

春ですねぇ
『桜』

ふわふわ
『たんぽぽ』

葉っぱだけっていうのも結構好きです。
赤い実
『赤い実』

松ならこの形がお気に入り。
松
『松』

(それぞれ画像をクリックすると大きな写真が出ます)

愛用品

これは、私が丸2年持ち歩いている
(というか、いつも鞄の底に入っていて、
いろいろなものにもみくちゃにされている)
同じ形の同じ作りのものです。
右端の生地がもうダメになってしまって芯部分が
見えてきてしまっているのですが、
刺繍部分は、一番左の茶色い花びらが
すこし擦れてなくなっているだけで、
あとの部分はそのまま。意外と刺繍は強いのですね~。
私も初めて知りました(笑)。
図案によって3500円~。
ご注文も承っております(^^)。

テーマ : 作品
ジャンル : 学問・文化・芸術

セブンイレブンプレゼンツ ピーターパン

禅さん出演、ピーターパンの詳細が出ました(^^)。

セブンイレブンのページです。
http://www.sej.co.jp/shohin/peterpan0603.html

セブンイレブン店頭にて独占販売!!
3/10(金)10:00~4/30(日)23:30
ドリームシート(中央センターブロック)一席5700円です。
今年は売り出し早かったですねぇ。
シールの配布はナシかな。。。(笑)

ピーターパン2006 ホリプロのHPはこちら↓
http://www.horipro.co.jp/peterpan/index.html

【キャスト】
ピーターパン:宮地真緒
ウェンディ:岩崎ひろみ
ダーリング夫人:比企理恵
タイガー・リリー:蘭香レア
フック船長/ダーリング氏:石川 禅
海賊スミー    :村木 仁
海賊スターキー :吉田メタル(劇団☆新感線)
海賊チェッコ   :佐藤 淳
海賊ヌードラー  :櫻井章喜
海賊ジェークス  :星 智也
迷子ニコ      :弘中麻紀
迷子セール    :岡本易代
迷子トートルズ  :吉岡麻由子
迷子カーリー   :鬼頭典子
迷子ニブス    :あべこ(胡喋蘭)
インディアン    :富田和康
インディアン    :本多剛幸
インディアン    :福山健介
インディアン    :田悠人
インディアン    :難波和宏
インディアン    :斎藤健二
インディアン    :熊倉 功
インディアン    :村上 聖
ナナ/ワニ    :池崎リョウ

タイガーリリー役の蘭香レアさんって、去年の三咲レアさんとは別な人???
スターキー役の人、変わっちゃったのか~~~!!
ニブスはすごく印象に残っているけれど、あべこだとは思っていなかった(苦笑)。
ナナ・ワニ役の池崎さんには異常に期待してしまいます(笑)。
楽しみですね~~~♪
去年はドリームシートで一度も見なかったから、
今年はチャレンジしてみようかな(^^)。
魔法の粉をかぶるのだ~(笑)。

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

雛祭り

明日はお雛祭りです。

我が家のお雛様

我が家のお雛様です。

家には七段飾りのお雛様がありましたが(今でもあるけど)、
今ではお雛様とお内裏様しか出してもらえません、、、
というか、出す場所がありせん~。
ちなみに、これは(物置と化している)ピアノの上です。

横顔。

母はこのお雛様の顔が好きだといいます。
うん、ちょい太めだけどかわいい(^^)。

でも。
今日皆さまにお見せしたいのは、こちら↓

玉手箱~?


知り合いのお嬢様が京都の鶴屋吉信でデザイナーをされているそうなのですが、
その方からいただきました、黄色い玉手箱です。
中身は~~~(*^^*)

か~わいい~♪

絹の反物にお花に蝶に。。。かわい~い♪
もったいなくて食べられない???
・・・家族で奪い合いになって10分と持ちませんでした(_ _;;;




鶴屋吉信 「雛うたげ」
http://www.turuya.co.jp/

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。