スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の人

炎の人 市村正親
「炎の人」

作:三好十郎
演出:栗山民也

出演:市村正親

益岡徹 荻野目慶子

原康義 さとうこうじ 渚あき
斉藤直樹 荒木健太朗
野口俊丞 保可南

中嶋しゅう 大鷹明良

今井朋彦 銀粉蝶

   *****

春休みの頃、三好十郎の「炎の人」を読みました。
台詞のひとつひとつが古いのにとても強く書かれていました。

栗山さんは、そういった脚本を
そのまま、確実に再現する演出家だといつも思います。
今回も、また、その三好十郎のそのままの
「炎の人」を忠実に見ることができたように感じました。
それを素晴らしいと感じるか、
物足りないと感じるかは、
そのときの自身の精神状態によるのでしょうか。
(でも、あの録音テープの効果はさっぱり理解できない)

市村さんのゴッホは、壊れやすい繊細な印象を受けましたが、
ところどころにいつものサービス(ちょっとおちゃらけた感)があり、
それが、年末の「ラ・カージュ・オ・フォール」のような舞台だととても楽しいのですが、
今回のような舞台だと、ときどき鬱陶しくもあり…
でも、あれがないと、あの3時間は耐えられないかなぁ…
ただ、ゴッホの真面目に語れば語るほど、
みんなが引いていくという図だけで、
本当は笑いたかったようにも思います。

大鷹さん・銀粉蝶さんの七変化に脱帽!

   *****

「炎の人」三好十郎 は、青空文庫でも読むことができます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001311/card47646.html






…てゆーか、中川安奈さんが栗山さんの妻だったとは知らなかった!

パンフレットの栗山さんのコメントに中川一政についてが書かれているのです。
中川一政の真鶴の美術館は、私がこの世で一番好きな美術館の一つです。

今まで私が見た絵で感動で動けなくなった絵は、

☆ゴッホの「糸杉」
(メトロポリタン美術館所蔵の二本の糸杉の背景に三日月が浮かんでいるもの)

☆中川一政「金魚」
真鶴町立中川一政美術館

の二つだけです。

スポンサーサイト

テーマ : 観劇・劇評
ジャンル : 学問・文化・芸術

制作秘話~「チューリップ」

チューリップを油絵風に…?

「チューリップ」
※バッグ(サイズ 直径12センチ×幅32センチ)に仕立てる予定です。
本体部分 : 牛革(紺)、内ポケットあり
刺繍部分 : 絹地、絹糸、金糸
(ルイ・ヴィトンのパピヨンのような形に仕立てようと思っています)

   *****

この作品は、GW中に制作しました。
最後に制作したものが、「雪持ち柳」で、
この「チューリップ」と合わせて2つを
その期間に手がけました。
(もちろん、構想を入れれば1年近くかかっていますが)

今回のカフェ・エ・バール・ユウさんもですが、
もう一件、茗荷谷には好きなお店があります。
装飾トリムとタッセルの専門店「Ombelle(オンベル)」さんです。
こちらでは、海外直輸入の生地やタッセルが購入できます。
可愛らしいリボンなども扱っていて、
私は、創作イメージなどをいただきによく伺うのです。
月に数回、カルトナージュの講習会なども行っていて、
とても、素敵なお店です。

こちらのオンベルさんで以前、
チューリップの素敵なカードを購入しました。
点描で描かれていて、とても素敵な絵柄でした。
その、色彩にとても惹かれて、
今回のこの「チューリップ」の制作となりました。
全くそのままということはありませんが、
確実に影響を受けている作品です。

刺繍では、まつり詰めという繍法をもちいました。
原色を混ぜ合わせるのではなく、
点描のように並べて、遠くから見たときの効果をねらいました。
うまくいったかなぁ。。。

  *****

さて、この作品。
5月のGW中に作りましたと申し上げましたが、
私が引きこもり体質なのは周知の事実なのですが、
この作品作りのために、私はあの天気のいいGW中、
6日間、新聞を取りにさえも、家から出ませんでした(爆)。
我ながらすごい!!

そして、もっとすごい話。
家に引きこもって7日後。
仕事に出なければならずに、仕方なく駅まで歩いていると。
お店のショーウィンドゥや鏡に映る自分の足が
確実に細くなっていることを確認。
人間1週間歩かないと、筋力が落ちるんですね~~~。
・・・と思ったら。
夕方には元通り。。。いつも、単純にむくんでるってだけの話???

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

制作秘話~「雪持ち柳」

雪持ち柳

写真が歪みまくっていて申し訳ありません…
制作秘話(と言うほどでもありませんが)、2回目です。
今回は、「切り嵌め」という手法を用いた
「雪持ち柳」のご紹介です。


「雪持ち柳」
※バッグ(サイズ 直径12センチ×幅32センチ)に仕立てる予定です。
本体部分 : 牛革、内ポケットあり
刺繍部分 : 絹地、絹糸、金糸

以前、ここの記事でも書きましたが、
女子美で行われた「小袖シンポジウム」にて
長崎巌先生の講演で話題に上がった
「雪」についてがとても印象的だったので、
いつか、刺繍にしたいとずっと思っていました。

着物の題材に「雪」が扱われるようになったのは、
中世の終わり~近世の初めにかけて、
意外に近い1600年前後の時代のことだそうです。

はじめは、「雪輪文」とよばれる、
家紋でもよく見かける「輪っか」のような模様
(こちらのページをご参考にどうぞ→家紋辞典
が主だったそうですが、
それが、やがて景色文様として描かれるようになり、
そこからいろいろな植物に雪がのっている図案
「雪持ち文」
が生まれたということです。
日本人の面白いところは、
その雪をのせる植物が、決して冬のものに限ってのことではなく、
「芭蕉」など夏の植物にもしっかりとのせてしまい、
それで「涼」をとろう、という。
今、そんな図案をみると不思議で仕方ありませんが、
いろいろ時代によって面白いことがおきるものです。

普段、展覧会を開くときには、
季節にあったものを何点か準備したいと思っているのですが、
今回は、夏を前にしてよい図案が思いつかず、
そのままになりそうなところを、
長崎先生の講義を思い出し、この刺繍となりました。
GWの最後の数日間で図案を起こし、
刺繍を勢いで刺しこんだ作品です。
(でも、勢いのあるときの方が綺麗に刺せたりもするのです)

肝心な「雪」の部分には、
「切り嵌め」と呼ばれる、
いわゆるパッチワークのような手法、
形に切り抜いた生地を地の生地に貼り付けたものを用いました。
用いた生地は、黒く染めた絞りの生地です。
(裏は裏打ちをしてあります)
刺繍糸とはまた違った重厚感が出て、
面白い画になりました。

お店においでの際には、ぜひ、
そんな「涼」を感じていただけたら幸いです。




お店へのアクセスはこちら
cafe e bar U_U(カフェバールユウ)の記事をご参考にどうぞ。

http://cafe.u-u.cc/

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

今週の在廊予定

19日(金)19時~
20日(土)12時~
21日(日)12時~
22日(月)15時~

ギャラリー展示としては異例の1ヶ月。
ようやく折り返し地点を過ぎました。
毎日、たくさんのお客様にご来場いただき、ありがたい限りです。
混雑してお話があまりできなかった方には大変申し訳ないことをしました。
この場を借りてお詫びいたします。

展示会場の様子です。
U1.jpg
U2.jpg
茗荷谷にいらした際には、
美味しいお茶とお菓子を楽しみにいらしてください。

会場→カフェバールユウ

テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

さて、コレは何でしょう?

絞りのかたまり?

さて、コレは何でしょう???
子供の頃に締めた浴衣の帯のようです。
ふわふわで、絞りがポコポコ。







実はこれ!
先日いただいたのですが、
絞りのエコバッグです!

なんと!絞りのエコバッグ 伸びる伸びる…

普段は10センチ角程度の小ささですが、
A4の雑誌(写真は『CREA』)もすっぽり入る大きさ!
重さは3キロまでOKとか。
でも、ちょっと重いモノを入れると、
可愛そうなくらいのびます(笑)。
でも手触りふわふわ、超お気に入りです!

   *****

今回の展覧会では、「切り嵌め」という
いわゆるアップリケのような手法を
用いた作品も展示しています。
使用した生地は、このエコバックと同じ技の
「絞り」の生地です。
そのお話はまた、次回。



テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

制作秘話~「生きる」

生きる

“秘話”と言えるほどではありませんが(笑)。

今回の展示は、小さなカフェで行っています。
壁面を3面お借りし、
作品6点と、以前制作したバッグ1点、
その他、小袱紗・ペンケースなどの小物を
展示しています。

今日は作品を1点ご紹介…

「生きる」
※バッグ(サイズ 直径12センチ×幅32センチ)に仕立てる予定です。
本体部分 : 牛革、内ポケットあり
刺繍部分 : 絹地、絹糸、金糸

ヤモリと蔦…あまり見ない組み合わせです。

一昨年でしたか、NHK青春アドベンチャーで
梨木香歩の「家守綺譚」が放送されました。
完全にテレビっ子な私がそんなものに興味を持つわけもなく。
ではなぜ、その放送を聞いたのか。
答えは単純、今井朋彦さんが高堂役で出演されていたからです。

物語は、期待以上に面白く、
子供の頃、夢中になって読んだ童話のようで、
早速、原作を読むことにしました。
ラジオで聞いた時は、昭和の初め、戦前くらいの物語かと思っていたのに、
実際に文字で読んでみると、もっと深くてもっと懐かしい、
明治維新直後の頃のお話でした。
この物語には、たくさんの植物や動物(河童や龍も)が意志を持って登場します。
その中で、唯一、果ててしまったモノとして
登場するヤモリに私はとても惹かれました。
死骸として登場はするけれど、
とても意味のあるひとつの命のような気がして。

そして、刺繍にすることにしました。
しかし、マンション住まいな私は、
ヤモリなんて見たことない(笑)。
ネットや図鑑で手の形やおしりの形を研究(?)し、
形にしました。
タイトルは、物語から強く受けた「生きる」という
強いメッセージをそのまま使用。
ま、そんな、単純なお話です。

*****

お店のオーナーの話だと、
ヤモリはヌメヌメしているようにみえて、
実はカサカサ肌だということです。
うろこはない、と。

  *****

●日程
2009年6月1日(月) ~ 2009年6月30日(火)
●会場
カフェエバール・ユウ http://cafe.u-u.cc/
東京メトロ 丸ノ内線「茗荷谷」駅 徒歩2分
東京都文京区 小日向 4-7-20 1F 03(3944)2356
●営業
12:30 ~ 22:30(L.O.22:00)
水曜定休 その他、20日(土)は18:30まで、23日(火)は休み



【今週の在廊予定】

13日(土):12時頃~
14日(日):12時頃~
15日(月):14時頃~

※平日夜など、もしいらっしゃる際にはぜひお声掛け下さい。
夜遅くいらっしゃる場合は、ぜひご連絡を。
疲れ果てて帰ってしまう日があります…(スミマセン)

テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

新アプロンシウス教授 登場!!!

東宝ダンス・オブ・ヴァンパイアブログに
禅さん登場です!

アプロンシウス教授の動いている姿が見たい方は、
とりあえず、こちらのブログ、キャスト紹介ページへどうぞ↓

http://tdv.toho-stageblog.com/2009/06/post_8.html

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

「Second Lesson」

20090607175343
タカイズミプロジェクトVol,2
「Second Lesson」
を見に行ってきました。

(何ヵ月ぶり?久々観劇記録だ…
個展会場でお客様がいらっしゃらない時間を持て余しているのです。
誰か来て~今ヒマ。)

作・演出・出演 高泉淳子
美術・衣装 宇野亜喜良

カエルの王子さまのお話がよく思い出せないのですが。
童話の物語を見られるのかと思いきや、
そこをモチーフにした全く別の恋物語で。

半年くらい前から、かわいいカエルモチーフを探しています。
カエルの王子さまをイメージした図柄やぬいぐるみは意外と多いですね。
この舞台を見て何かがつかめれば…と行ってきましたが、
そことはズレていました。

でも、バックに写し出される絵や車が走っているときの表現、
子供の頃の思いを引きずっている心情、
好きなものはたくさんありました。

そういえば、以前NHK「ようこそ先輩」に高泉淳子さんが出演された時、
クラス全員で70歳の同窓会をしよう!という授業も面白かったなぁ…
私は高泉淳子さんが女性を演じている時より
円形の「アラカルト」のような子供やおばあちゃんの時の方が好きなようです。

今日は茗荷谷からのアクセスを…

今回展示させていただいているcafe e bar U_U(カフェエバールユウ)さん。
茗荷谷駅前、春日通りをちょっと入った路地にあります。
今日は駅から最短の道のりをご紹介。

まず茗荷谷駅で降りたら3番出口の改札を出ます。

すぐ目の前に「三井住友銀行ATM」と今話題の「餃子の王将」が見えます。

20090606163737


「左」(三井住友側)にすすんで下さい。
突き当たり丸ノ内線の上を通る橋を渡りましょう。

20090606163741


目の前に「立飲み處」が見えますが今日はここには寄りません。
我慢我慢。

20090606163743


道なりに10歩ほど進むとお花やさんが見えます。
(只今、外壁工事中)

20090606163745


そのお隣がカフェエバールユウさんです。

20090606163747


約3分の道のりですよ(*^^*)
裏に回って階段を3段降りてお入り下さい!

飲み物のメニューがたくさんあり、
皆さんいらっしゃると注文までさんざん迷われます。
美味しいお茶と毎月変わる展示を楽しみにぜひいらしてください。




cafe e bar U_U(カフェバールユウ)
http://cafe.u-u.cc/

とうとう…

買ってしまった!

キノコポット【白】

20090603110945


前から欲しかったキノコポットのチョコレート!
イタリアのチョコレートメーカー「カファレル」のチョコレートです。
オフィスのデスクにあれば気分もupする…に違いない!と購入決定♪
赤い頭と迷って白い子を我が子にしました。
中のチョコはあっという間になくなり、
今は別のチョコが入っています。
赤いキノコが並ぶ日も近いか…?(笑)
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。