スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナスの作業

三ヶ月前からを鎌倉へ通い始めました。
毎月一回(なんてちゃちい通い方だ…)、
八幡さま近く若宮大路に面してお店を構える博陽堂にて
「鎌倉彫」教わっています。

鎌倉彫に触れたのは、かれこれ十数年前。
高校生の時でした。
授業で作ったのですが、細かい柄を選んでしまったがために、
なかなか苦労した思い出があります。

そして、今年。
ちょっと訳ありで、先生のところへ直接教わりに行くことになりました。


この扱いが難しいのです。。。


先生が研いでくださる刀は、むちゃくちゃ彫りやすく、
何か作ることが好きなこともありますが、
鎌倉という土地柄もあり、毎月ちょっとした旅行気分です。
(今月はJRの「ホリデーパス」なんていうJR東日本乗り降り自由の一日乗車券を利用しました)

刺繍は、何もない真っ白な生地に、
色をのせ、糸をのせ、、、すべてがプラスの作業です。
それに比べ、鎌倉彫は、マイナスの作業。
どれだけ削るか、どれだけ引き立たせられるか、
今まで経験したことのない作業で、ちょっとした気分転換です。

そして、先生は、
「どんどん使ってください。鎌倉彫は、実用品として作るものですから」
とおっしゃいます。
使っていくうちにどんどん赤くいい色になり艶が深くなっていくというのです。

十数年前の作品とそれ以来の今年の作品です。


右の手鏡が高校生のときのもの、
左の丸盆が、先月塗り上がったものです。
言われてみれば、手鏡の方が赤く、模様がはっきりしているような?
毎日使って人の手の油などが艶をだし、
柔らかい布で拭くことによって模様がはっきり赤く浮き出てくるそうです。
写真で分かるかな~?
また10年後、写真を載せましょうね(笑)。

テーマ : 彫刻
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。