スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベガーズオペラ

昨日、最初で最後の(予定だった)
「ベガーズオペラ」に行ってまいりました。
内野さんは大好きだけれど、なんでなのか、
ミュージカルはおろか、舞台のうっちーにはまったことはなく、
今回も、まぁとりあえず、というくらいで、
一枚だけ準備していたチケットで見てきました。

ところが(笑)。
いやいやいやいやいや(*^^*)。
あんなに「かわいい」内野さんを見たのはいつぶりでしょうか。
NHKドラマ「昨日の敵は今日の友」隆夫さん以来?
いや、「不機嫌なジーン」の教授も
「トランス」のシュワ子も捨てがたい。。。(そうじゃなくて)
基本的に、「三文オペラ」のマクヒースが好きなようなのですが、
ただかっこいいだけじゃぁなくて、
ポリーとルーシーと(他の女と)、自分の自由との間で
ただ、おたおたつじつま合わせに翻弄されている姿が
かわいくてかわいくて(*^^*)、
う~ん、久々に好きなタイプの内野さんに出会えました。

あの「三文オペラ」という原作は、
2幕、ルーシーが登場してから俄然面白くなります。
マクヒースの「おもてとうら」とが分かりやすく見えてくるからです。
そしてまた、内野さんは、2幕に入り、俄然、目の力が違ってきました。
いわゆる「青眼白眼」とは違うのかもしれないけれど、
1幕が「白眼」だとするなら、
2幕のあの目ヂカラは「青眼」というくらいに。
内野さんはいつものってくるととあぁいう目になる気がします。
まぶたが少しくぼんで、黒目がかっと浮いてくる。
あの目が私は好きなのです(^^)。

あれが見られただけでも私は満足、、、ではなくて(笑)、
原作が「三文オペラ」というだけではなく、
今回の演出はとても面白かったです。
セットの使い方、ベガーズの居所と動き、
そして、どの曲というのはちょっと覚えていませんが、
中心の歌に後ろからアンサンブルが上がってきて
知らない間にコーラスに繋がっていく感じが、
自分の中の高揚感とぴったり合って、
それはもぅ、ぞくぞくなんてものではありませんでした。

・・・私がチケットを人から奪い上げ、
来週、再チャレンジすることにしたのは、
言うまでもございません。

ちなみに、訳詞は松田直行さん。
RENTの翻訳をなさった方で、松田洋治さんのお兄さんです。
見終わってプログラムを開くまで知らなかったけれど、
なんだか歌を聴いていて心地よかったのは、
きっと松田直行さんの訳詞だったからだわ~~~(*^^*)。
RENTの時は、訳詞にあたってのいろいろな考察を
HPにされていて、それがすごく面白かったのだけれど、
今回はあんなページ、ないのかなぁ。。。
まだ、見ていない方、訳詞にもご注目!!!
http://www.91922.com/2007/artist/index_3.html





「ベガーズオペラ」
演出・脚色:ジョン・ケア―ド
原作:ジョン・ゲイ
音楽:イローナ・セカッチ

キャスト
マクヒース=内野 聖陽
ピーチャム=高嶋 政宏
ロキット=村井 国夫
トム(フィルチ)=橋本 さとし
老役者=金田 龍之介
ルーシー・ロキット=島田 歌穂
ポリー・ピーチャム=笹本 玲奈
ミセス・ピーチャム=森 公美子
ジェニー・ダイヴァー=入絵 加奈子

高谷あゆみ、三谷六九、、水野栄治、山崎ちか
小西のりゆき、、Kuma、川本昭彦、幸村吉也
照井裕隆、村上勧次朗、泉 里沙、宮菜穂子
原田優一、小此木麻里

演出家アシスタント = 垣ヶ原美枝
翻訳 = 吉田美枝
音楽監督 = 山口也
訳詞 = 松田直行
振付 = 広崎うらん
美術 = 島川とおる
衣裳 = 半田悦子
音響 = 本間俊哉
照明 = 中川隆一

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ベガーズオペラ

さくらさん、こんばんは。その節はお世話になりました! そしてさくらさんのお友達の皆様、はじめまして。Alissaと申します。しばらくお声をかけられずにいたのですが、ときどき遊びに来ていました。これからよろしくお願いします。

ベガーズオペラ、さくらさんがおっしゃるように、私も2幕はとってもよく出来ていて面白いと思いました。訳詞も自然で、心地いいですよね。私はこの舞台は照明がとてもロンドンっぽいかもと思って見てました。また28日にいらっしゃるんですね! 私は29日にもう一度行く予定なので、ニアミスですね。どうぞ次のご観劇も楽しんでらしてください!

こんばんは
ベガーズ・オペラ先日見て来ましたが、
最初がSSシート(爆)
役者さんたち 近いけれど落ち着かないし
劇自体横からなので、変わった印象でした
もう1度センター席からじっくり見ようと思います 内野さんはやはり目立ちますね
橋本さんの雰囲気も良かったし・・
もりくみさん 歌穂さんも・・・
あら全部 いいみたい(笑)

うっちーの目に関する記述は、もうそれこそ目も当てられない
という感じです(笑)。そういうツボに入るとは!
私はCHAKOさんの意見に(そうそう、そこなんです~!)と
思いつつ、やはり一回目は?だったけど2回目から面白く
なってきたという友人がいたり、そして(一人一人はやっぱり
うまいんだよね~)なんて、え~、まだ少々優柔不断中です^^
でもインスピレーションって本来やっぱ一期一会のものかなあ、と
思ったり。
やっぱり何かググッとくる曲が欲しい・・あと、魂吸い取られる
ような瞬間が・・・ってさくらさんもちょっと方向性が違う気は
しますが(爆)十分魂吸い取られてたんだった^^
いやはや不思議な作品です。

おぉ~っと、こんなところで呼ばれてた。
sugarさん!私の意見を判ってくれてありがとう。
私もね、歌ってないところでは十分魂吸い取られてたんです。
何だったんだろう?

賛否両論?

いろいろですねぇ、ベガーズ。
見に行く前は、1回だけだし、ネタばれはなしで、
ただただ、芝居を楽しみに行こう~なんて思って、
全くブログもネット徘徊も2chも見ずに出かけたのだけれど、
見終わって、勢いで感想upして、外を廻ってみたら(笑)。
いろいろですねぇ。。。
しかし、お芝居って、楽しんだ者勝ちな部分がずいぶんあるなぁ、、、と
グランドホテルを見に行って更にそう思ったのでした。
・・・グランドホテルの感想は、いつかの機会に。

☆Alissaさん
29日はベガーズオペラ初演の初日の日だそうですね。
特別カーテンコールなんかがありそう???
いいですね~、楽しみですね~。
(私はでも、すでに感動だけが残っていて、
内容については過去のものになりつつあります。。。苦)
でも、確かに、私が内野さんのファンだということを差し引いても、
あの芝居2幕がよく出来ていますよね。
そして、3幕でそれぞれ照明が全く違い、それが印象的です。
今回は3階席からばかりの観劇なので、そんなところがまた楽し(^^)。

☆くまのすけさん
お~SS!!!一緒に踊りました?
上から見ていたら、すごく楽しそうだった~。
前にコクーン歌舞伎で客席にお客が上げられて、
みんなで踊って大騒ぎな楽日があったんだけど、
そんなことを思い出しました。
毎回あんなに楽しませるキャストはすごいなぁ(笑)。
疲れるんでしょうねぇ、絡みが入る芝居は。。。その分楽しいのかな?
よくないところをあえて探すこともないけれど、、、
明日もう一度よく見てきます!!

☆sugerさん
ぐぐぐっとくる曲ねぇ。。。
あの全部持ってけ~の曲はかわいくて好きだったけれど。
あと、歌穂さんの歌ってた曲もよかったなぁ。
ポリーの元から逃げ出すところのうっちーとのデュエットも意外と私は好きでした。
・・・とはいっても、思い出せないんだけど(苦笑)。
明日、最後だから、心して見てきますっ。

☆CHAKOさん
CHAKOさんは、曲が気持ち悪いってずっと言ってたもんね~。
私にはそれはよくわからなかったけど。。。
(うっちーの音が時々はずれるのは、私には愛嬌に聞こえました。
トートやジャベールの時は殴りたくなったけど・笑)
そういうことじゃないでしょ?
曲自体が(音階が?)苦手ってことなんでしょ?
芝居はキャストのキャラ活かして面白くなっていたよね~。
むずかしいねぇ、ミュージカルって。。。

そうそう、音がはずれてるっていう気持ち悪さじゃなくて
曲そのものの音の流れが気持ち悪かったんだよね。
こんな事自分でも初めてでちょっとビックリしてます。

こんばんは。今日のマチネ、行ってきました。ほんと、今日が初演の初日なんですね。さくらさん、よくプログラム読んでらっしゃいますね。1728年1月29日の初日から278年! すごいですね。特別コメントはなかったですけど、恒例のカーテンコールでの内野さんのご挨拶では「女が好きです。これは役です。内野本人は普通です。(後ろを振り返り)・・・と思います。」とのことでした!

私の場合、二回目観劇終了後までじゃないと客観的な感想が書けないのですが
(三回目以降は多分好きなとこだけ観てる…^^;)
初見の日に友達に送ったメールを読み返したら
「ミュージカルだと思って観ないほうがいいよ」と書いてました(笑)
鹿賀さん三文の時はあまり感じなかったのだけれど、
今回のベガーズは台詞や歌詞にちりばめられた強烈な皮肉や風刺が面白くてしょうがありません。
ピーチャム夫妻が口にする結婚や夫婦に関する数々の名(?)言、
追いはぎ達の貴族に対する揶揄、などなど。
そんな私の一番のお気に入りは袖の下の歌(←勝手なタイトルです)
♪気持ちは賄賂じゃないよ 当然のコミュニケーション
何度聞いても“ぷぷぷ(^m^)”となってしまう。
そっかー、RENTと同じ訳詞の方だったんですね。
さっそく覗きに行ってきま~す!

○CHAKOさん
先日合唱をやっている友達と観たのですが、CHAKOさんと同じようなこと言ってました。
「音が予想したところにいかないんだよね」と。
やっぱり音楽やっていると耳が感じるところが違うのかなぁ。

☆みずさん
そうそう!「音が予想したところにいかないんだよね」これです!!
どうも無意識に自分の中で次のメロディを予想するけどその音が出ないもどかしさ。
だから それに気を取られて歌詞に集中できない、そんな感じでした。
ネットで見てもこういう意見は見当たらなかったので私が変なのかとも思ったのですが
ここを読んでてそれもありだと思えちょっとホッとしました。

二度目の観劇

行ってきました。
なんだか冷静になっちゃってね~(笑)。
でも、内野さんはあぁいう、ただかっこいいだけじゃない役似合うねぇ(^^)。
今回は、曲をずいぶん聴いてきました。
私が好きだったのは、
普通に弁護士の歌、と
「遠い場所へどこか」と
女狐の歌と
グリーンスリーブスと
・・・でも、なんだか昔聞いたことがあるような印象の曲もあったりして、
懐かしいような、もどかしいような感じがしました。
私は結構好きだったかな。。。

☆CHAKOさん
私も、CHAKOさんが嫌なんじゃないかと思うところを見つけたよ!
その音が思うところへ運ばないのもひとつ、
あと、台詞のような歌詞が終わると、
曲がいきなりぶちぎれるのですよ、このミュージカル。
なんか、もう少し余韻やらBGMやらになってよさそうなものなのに、
むりやりつじつま合わせて音が終わっちゃうの。
思わず「・・・ぅおっとっと」てなっちゃいそうな感じ(笑)。
もうちょっとねぇ。。。(笑)

☆Alissaさん
私ね、いつもここには書いていますが、パンフレット、端から端まで読むんです(笑)。
だから、写真がたくさんのパンフレットよりも、
文字が多いパンフレットがすきで(^^)。
だから、新国立劇場のパンフレットが一番好きなんです。
最近は、東宝でよく書かれている谷田尚子さんも好きです。
新国のを請け負っている佐藤さんは、結構こだわり派です。
今度、ぜひ、端から端まで読んでみて下さい(^^)。

☆みずさん
私も土曜日見ていて思ったよ~。
初めて見たときの印象で、次の音を予測するのに、
全然違うところへ行っちゃうの。
その上、歌詞が終わると2~3音くらいでジャンジャンと終わってしまう。
不思議なミュージカルでした~(笑)。
このパンフ、盛りだくさんなのに、全く曲目について書いてないよね。
歌詞も一部の曲だけだし。。。
なんの曲が使われているのか、わかったらもっと面白いのにね~~~。
で、楽日のご報告、お待ちしています~♪

行ってまいりました!千秋楽

ミセス・ピーチャムが二度目の腹筋で起き上がれず、客席大爆笑&大拍手!
ピーチャム一家も必死に笑いをこらえながら芝居を続けてました。
カーテンコールは内野・高嶋・村井・橋本・金田・島田・笹本・森(敬称略)が一言ずつご挨拶。
最初はあくまでベガーの役としてスピーチを進めようとしていたのに
本名(芸名の方もいらっしゃるのかな?)で紹介or挨拶しちゃったりして
めためた状態になってるのが面白かった(笑)
そんな中で劇場を見守る老役者をまっとうしている金田さんのご挨拶がお見事v-237!でした。
大好きな舞台の上で成人式を迎えられてうれしいと涙ぐんでいた玲奈ちゃんもかわいかったです(^^)
森さんの「もう一度舞台に立って踊ってみませんか?」の言葉で
再びお客さん達が舞台上に誘われてダンス♪大盛り上がりでした。
「噂によれば、この一座はまた何年か後に帰ってくるような・・・」だそうですよ~v-80(村井おじさま談)

うっちーのラインダンス、めちゃかわいかったです(@カテコ)!
・・・ってそれだけかい!!(笑)
昨日はうっちーの魅力再確認でした。
と言っても私はv-351ではなくe-278くらいのノリですが(笑)。
私は女郎屋でおねいさんたちを順番に迎え入れてる時と、3幕で
鎖に繋がれてのたうってるときのうっちーが好きですね。
あそこは音程微妙でも、そこにリアリティがあってOK(笑)。
うっちーはやはりあの人間味がチャーミングです。

千秋楽ですから、ツボに入った人率が高かったのでしょうね。
場内はのっけからかなり楽しいムードいっぱい。
確かに楽しいのです・・そこが判断に困るとこなんですが^^
いい曲もあるし、一人一人の役者さんの演技も凄くいい、しかし、
それはさくらさんの言うメロディのぶちぎれ感(笑)のせいなのか
構成のせいか、私はやっぱり集中力が分断されてしまうという点
に不消化感があるようです。
舞台と客席の境界線が曖昧だから一体感を感じられる、という
感想も見ましたが、私はむしろそこで現実に返ってしまうというか、
却って芳雄ルドとか鹿賀さんのハイドとか、客席中の気が一点に
集中してる!みたいな瞬間の方が一体感を感じるのですが、
もうそれは人それぞれな感覚ですもんね。
・・とかごちゃごちゃ分析してないで(笑)、「楽しんだ者勝ち」、
正にそういう作品かもですね~。

☆みずさん
だぁぁぁ~お返事5日も遅れちゃった、ごめんなさい。
その噂は、ジェイムスじゃなくて、村井のおじさま談なのね!!
う~ん、それは、信用出来るのか~~~(笑)。
でも、今度再演があったならば!!
1階席で見るのだ~~~!!!
・・・ステージサイドは、、、まだちょっと緊張するかも。。。

☆sugerさん
ほほほ、e-278ですか。
そうね~うっちーにハマらなきゃ、e-266にはなりませんね~。
このお芝居は、うっちーにe-266になるか、
芝居の一部に入り込んで、現実忘れて、、、
ってしなくちゃ、かえって退いちゃうかもしれませんね。
私もよくあります、そういう芝居。
う~んと、宝塚は全般的にそうかも(^^;;;
あと、唐沢さんがやったときの「ミー&マイガール」。
あれ、全然ダメだったんだなぁ。。。
今度の井上君のはイケるかなあ。。。
話が逸れました。
sugerさんは、一緒に楽しむ系よりも、
役者の存在感・実力・舞台の出来にはまりこむ方なのかしら?
それも楽しいですよね~~~
井上ルドまた見たいぞ、、、年齢的に見られなくなる前に!!
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。