スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインマン

大森さん出演「舞台レインマン」、行って参りました~。

「舞台レインマン」
出演/椎名桔平(チャーリー)、
   橋爪功(レイモンド)、
   朴璐美(スザンナ、ウェイトレス)、
   大森博史(医師ブルーナー)
演出・脚本/鈴木勝秀
原作/バリー・モロー
音楽/横川理彦
美術/二村周作
照明/倉本泰史
音響/井上正弘
衣裳/原まさみ
演出助手/長町多寿子
舞台監督/二瓶剛雄
プロデューサー/河出洋一(TBSテレビ)


まずは一言。
行ってよかった!!!

映画の「レインマン」は高校生の頃でしょうか、
ビデオで見た記憶があります。
・・・記憶はあるのですが、内容が全く記憶にありません。
覚えているのは、レイモンドが"楊枝"をぶちまけて、
チャーリーがその能力を知り、兄というものの見方が変わってくるシーンのみ。
それが、どう前後とつながっているのか、
どう話が流れていくのか、全く記憶にありませんでした。
映画を見てから行こうかとも思いましたが、、、結局、昨日。

あの頃子供だった私は、あのただ悲しいだけ、辛いだけ
(ではないんだけど、本当は)のチャーリーとレイモンドの
間に起こる出来事が痛くて辛くて、
もちろん感動はしたし、涙は止まらなかったけれど、
あんまり好きなストーリーではありませんでした。

ところが、昨日の舞台、よかったんです。
椎名桔平は、トム・クルーズのイメージを崩さない程度にかっこよく、
今の流行りに乗っかったダメというか心の病んでいる青年(?)で、
橋爪さんは、ピュアな部分を前面に、嫌みなく自閉症という障害を演じ、
二人のいろいろな交流が、ただのネタではなく空気で伝わってきて、
映画でリアルに見せつけられるより素直に感動できるような
見終わった後とてもすっきりできる物になっていました。
もちろん、橋爪さんのレイモンドは、
こういう題材を扱う以上、もっと痛々しいというか、
きりきりとした緊張感とか、圧迫感を与えるようなつくりに
なっていなきゃならないのかもしれないし、
あんなにただピュアな部分だけを強調して、
現実味にかけるようなイメージではならないのかもしれないけれど、
今回の舞台に限って言えば、レイモンドのシンプルさによって、
チャーリーの複雑さがストーリーを引っ張るような状態になっていて、
見るこちら側も自然にただ感動の上に乗っかれるような印象を抱きました。

こんな印象を受けたのは、
私が単に大人になったのか、、、
舞台が素晴らしくよかったのか、、、
キャストにすっきりと同調できたせいなのか、、、
もう一度、映画も見たくなりました。
映画を見たことのある方には特におすすめです(^^)。




さて、大森さんは(^^)。
一幕の前半で全て出番が終わってしまう役でした。。。ONZ
でも、かっこよかったんです(*^^*)。
映画をご覧になった方はご存じかもしれませんが、
ラスト、この物語は、切ない方へ向かっていきます。
もちろん、それは、みんながお互いのことを
考えて出てきた結論のための切なさ、なのですが、
その最後の切なさに、
チャーリーもスーザンも、そしてレイモンドも(?)、
"迷い"があるように思うのです。
でも、その"迷い"が最後に出てくる大森さんの笑顔で
私はすっきりと解消されたような気分になれたんです。
昨日のお芝居は、大森さんのあの笑顔がなければ、
あんなにすっきりした後味にはならなかった!!!
と大森さん贔屓の私は特に思ったのでした。
これから観劇予定の皆様、ぜひ、大森さんのブルーナーにもご注目を!!




さて、その大森さんですが、
2/17(金)夜11:15~ 「時効警察」
に出演されるそうです!!!
「さいしょにちょこっとだけね、怪しい薬屋ででるよ(^^)」
とのこと、ぜひぜひご覧下さい~♪

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして♪

私も「レインマン」観に行き、感動してまいりました。
映画版が大好きで何度も観ては泣いた作品だったので、舞台化の話を知った時は嬉しかったです。
レイモンド演じた橋爪さんが本当に純粋で、愛おしくて、切なくなりました。

大森さんの出番、少なくて残念でしたね。
でもある意味、すごく重要で、存在感のある役柄でしたよね。

いらっしゃいませ!!

☆麗さん
麗さんは、大森さんのファンの方ってわけではないのですね?(苦笑)
私は大森さんのファンです(^^)。
今回のレインマンも、大森さんが出演ということで、チケットをとりました。
でも、行って良かった~~~♪
まぁ、椎名きっぺいファンとか、橋爪さん目的な人は、
あの最後の大森さんの笑顔は見ていないと思うんですけどね~~~。
あの、最後の頭をなでる一瞬、よかったですからねぇぇぇ。。。
橋爪さん、ホントにレイモンドでした!!
映画のイメージそのまま!!!
でも、それだけじゃなくて、チャーリーとの関係がよかったですよね。
あれはホントに舞台化してよかったんじゃないかしら。。。
世界でも上演されるといいですね~♪
麗さんのブログ、読ませていただきました。
「女中たち」チケット取らなかったから感想が読めてうれしかったです(^^)
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。