スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベート

先日、今回初のエリザベート観劇に行ってまいりました。

「エリザベート」
脚本・歌詞 : ミヒャエル・クンツェ
音楽 : シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 : 小池修一郎
出演 : 一路真輝、山口祐一郎、嶋政宏、
     石川禅、寿ひずる、村井国夫、浦井健治

半年ぶりのエリザベートでした。
噂通りというか、祐一郎さんのトートでしたし、
まぁ、レベルを保ったというか、
とくに変わっていないというか、、、
変わることを期待しているわけではないのですが、
そのまま、安心して観ることのできる時間でした。
う~ん、これをいいと言う人もいるし、
悪いという人もいるんだろうなぁ。。。
私は、、、どちらかと言えば
どんなことにでも変化を期待してしまうほうなので、
ちょっと物足りなかったと言えば、物足りなかった。。。かな?

けれど。
浦井くんはずいぶん雰囲気が変わって、
静かな芯のある好みの皇太子になっていました。
パクさんとも井上くんともちょっと違う、
自らの意志で革命に走っていってしまう皇太子に。
皇太子が自立すればするほど、
フランツとの格差が出来てしまうので、
ちょっと哀しさは増してしまうのですけど。

そして。
今回は、直前の新感線☆RSの「メタル マクベス」
観劇のせいもあってか、なんだかとても
皇帝と皇后、ではない、ただ一組の夫婦のあり方
として全編を観てしまいました。
今回の「メタル マクベス」、
マクベス夫人(ランダムスター夫人)は松たか子でしたが
この松たかがとにかくかわいい!
若さ故に浅はかな、というか、
夫と自分の力と絆を信用するあまり、
考えなしの無鉄砲というか、
だからこそ、そこから転落していく姿が
無性に同調できるかわいい女になっていて、
内野さんにもいつもにましてついつい思い入れてしまうというか。
結論、マクベスもマクベス夫人も不幸の象徴のようになって、
身の丈を考えない無謀さは、いいことばかりではないなぁなどと
ついつい教訓的に感じたのでした。
でも、そうしてみるとエリザベートっていうのは、
幸福になれる道がいくつもあったのに、
どうしてそう進むことが出来なかったのだろうなぁ、
などと思ってしまうのです。
幸福とは少し違ったとしても、
フランツのことを多少情けなく思っても、
多少理解できなくても、
ランダムスター夫人のようにけしかけたり、
甘えさせたり、寄りかかってみたりしてみたら、
もっと違う結果が待っていたんじゃないかなぁと
思ったりしたのです。
・・・こんなことは、初演から何度もかんじていたんですけどね。
特に今回はそう感じてしまったのでした。
これも、松たかのおかげだ(^^)。




武田トートの観劇は今週末です。
いろいろ噂は聞きますが、どうなもんでしょうね~(^^)。
やっぱりトートが変わると、
エリザベートとフランツの関係も変わってくるだろうか。
楽しみです。




あ、それから日生版エリザベートは、結構好みでした。
レ・ミゼラブルは、帝劇で観た方が迫力もあるし
いいなぁ、、、なんて思いましたが、
エリザベートは、しっかりと舞台の上できゅっと絞り込まれていて、
私は帝劇で観るより好きだったなぁ。。。
皆さんはいかがでした?

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

おはよ~さん

エリザベート、ご覧になったのね。
私は、今回も関西には来ないのでまた観られそうにないのですけど、武田トート閣下はとーっても気になるなぁ。。
さくらさんの感想を楽しみにお待ちしていますo(^^)o

私も観てきました

私もエリザ観てきました。私も絶対、日生の方が好き。
押しつぶされそうな石造りの雰囲気とでもいうのかな…。

エリザベートに対して、もう少しでも歩み寄れれば、
絶対に何か違ってきただろうにという思いは、
禅フランツの時に、特に強く感じる気がします。
禅フランツは、シシィを理解しているからじゃないかと
個人的には思っているのですが、違うかな?

武田トートはどうやら観られそうにないので、
感想、楽しみにしています♪

私も18日行きますよ~♪
>トートが変わると、
エリザベートとフランツの関係も、というより、
トート以外はみんな善人に見えました^^。
あの好き勝手なシシィでさえ(苦笑)。
あのトートを前にしては、すべて人間の営みは
小さくて愚直で愛すべきものに見えましたね~。

先日、私が見た武田トートは、今後に大変期待させる
感じでしたが、まだ日々変化流転中^^;みたいなので
この次行く時更にいい方に転んでるか、反対か、
スリリングです(笑)。

☆さくらさん
どうも~!ご無沙汰しています(^^)
エリザベートも微妙な期間で再演し続けて地方も難しいのでしょうかねぇ…
武田トートは噂ではいろいろ聞きますが、良くも悪くも今までの二人とは全く違った印象なようですね。
楽しみです。

☆かずきさん
観にいらっしゃれたのですね。
そうか、禅さんのフランツだからというのもありますね、絶対。
でも、禅さんの出演が決まってからというもの、
綜馬さんでは一切観劇していないのでどうにも比べようがありません(苦笑)
もうちょっとチケットが取りやすくて安ければ行くんですけどね…(^^ゞ
うん、でも禅さんだからか。
私はあと残すところ武田トートのみですがそこをよく観てきます(^^)

☆sugerさん
ほう、それは新しい解釈が出来そうだ!(^^)
楽しみ楽しみ。
マクベスでは台詞にもありましたが小さい人間が大きいことをするのは必ずしも良くはない、と感じましたね~。
もちろんシシィやフランツが小さい人間だとは思わないのですが、
自分が一番大きいとか、一番苦しいと思うことは間違いなのかな、と。
とにかく今は武田トートが楽しみです。
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。