スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベート

エリザベート 禅さんの千秋楽に行ってまいりました。

「エリザベート」
脚本・歌詞 : ミヒャエル・クンツェ
音楽 : シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 : 小池修一郎
出演 : 一路真輝、武田真治、嶋政宏、
     石川禅、寿ひずる、村井国夫、浦井健治

最後の最後で泣いてきました…「悪夢」で。
この世のものではなくなって操られた状態でさえ、
まだエリザベートへの思いに翻弄されて、
そんな中で必死に姿を探すフランツの表情に涙涙涙。
そして、刺されたエリザベートを助けようと
必死で近づこうとするパパとママに涙涙涙。

昨日の禅さんは最後だからということもないのでしょうが、
どのシーンも表情が本気の本気で、
「♪あなたが側にいれば」
で、エリザベートに「あなたがいる」と言われた瞬間の
本当にうれしそうな、頼りになる人を見つけたのは自分なんだ、
と思っているような本気の笑顔なんて
返って切なくなってしまいました。

昨日はまた浦井くんのルドルフがよくて、
前回、闇が広がるが面白くないなんて書きましたが、
浦井くんの意識が常にトートへ向かっているのが
もろに伝わってきて、
浦井くんは、初っ端棺桶から出てくる時もそうですが、
本当にいい表情をするなぁ。。。と思ったのでした。

カーテンコールでは、それぞれの卒業式が行われ(笑)、
一言ずつ(けっこうみんな長かった・笑)千秋楽のキャストからあり、
結束力の本当に強いカンパニーなんだなぁ、と思ったのでした。

なんか、あったりまえの感想しか書けませんが、
実はあんまり期待していなかったエリザベート
(だって、前回からあまりに近いし、
レベルを保つという意味では正しいのでしょうが、
どのシーンも完全に出来上がっていて、
見ていて面白くないように感じていたし、、、)
でしたが、最後の最期でいい一回を見られたなぁと、
昨日の打ち上げは楽しい飲み会となりました。

さぁ~、次はフック船長だ!!
これはまた、楽しまなきゃ損!損!!(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

楽の後は、何だかやっぱりほうけてしまいますね。。。

闇広、この日よかったですよね~!!
あの場面は、二人の気迫と呼吸がバチッと合ってると
二人の間に、まるで綱引きのように一本の糸?綱かな(笑)
がビーンと張ってるのが見える私なのですが、この日は
それが見えて、すごいドキドキしました。

闇広では、オペラは武田トートの顔に固定だったので、
浦井君の表情は見てないのですが(すみません^^;)、
マイヤーリンクでドレスを着たTDsに引き寄せられていく
浦井君が浮かべる何ともだらしない(注:褒めてます)
一瞬の笑み、これがよかった!!!
王子様だった浦井君が、あんなにヤバい表情が出来る
ようになってたなんて!

TDsにシシィとマリー・ヴェッツェラ渾然一体の面影を
見て、吸い寄せられていく狂気の表情、ママを見つけた
嬉しさに溢れる子ルドの表情も入り交じり、近付いて
「違う!」と恐怖で凍る表情、でもまたふらふらと
吸い寄せられて、とそれが何度となく繰り返される中で
次第に表情に絶望の色が濃くなっていく、そのピークで、
トートが目の前に立ちはだかる。
もうゾクゾクしてしまいました。

今回のパクルドは熱さよりも生硬さの方が立って
しまったかなぁ。彼のそれは、狂気とは少し違うような。
爬虫類系の妖しい武田トートとの相性は今一つ
だったかも・・・

禅さんは・・・かなり熱かったので、袖に捌ける時と
袖から出てくる時の気合い入りまくりの歩き方が、
「禅さん・・・」(笑)。
「夜のボート」は、もう繰り返し繰り返し穴が開くほど
見つめてきたので、号泣!ではなかったのですが、
禅さんが目を伏せて曲が終わった瞬間、やぶからぼうに
「あ~!!!!! この禅さんのフランツがどうしてもどうしても
好きなの~っっ!!!」と世界の中心で叫びたいような気持ちが
突き上げてきてしまいました。
「悪夢」は、狂気の世界の中、たった一人でフラフラと
舞台中央にさまよい出て行く禅さんの背中を見る度に、
とにかく禅陛下にとって、「夜のボート」とは違う意味で
こんな一世一代の場面はないよ!!!といつも胸が熱くなって
しまうのですが、もうこの後ろ姿を目に焼付けておこう、
そんな気持ちでいっぱいいっぱいでした。
ああ~、終わっちゃったんですね、、、、

こんばんは~
ついに『エリザ』終わってしまいましたね
寂しいという気持と、ほっとした気持ちと
複雑ですが、禅さんウオッチングに
明け暮れた6回の舞台でした 
これは いつもかも(笑)
そんな中 浦井ルド 上手くなってるなと
同感です
あと 今公演では、皇太后ゾフィーの最後でも
泣かされました 今までは なぜかスルー
してしまったのに・・・・ 
禅さんが演じる フランツは、人間的で
あったかい陛下だった~
最後の 夜のボートから悪夢
渾身の演技!最後落ちた照明なか
よろけながら去って行くシーンまで
大満足の楽でした。 

☆sugerさん
いやいや、お疲れ様でした。
楽しかったですね~~~。
もう「ほうけ」は抜けましたか?
禅さんもピーターパンに入っていらっしゃるだろうし、
私たちもそろそろ仙台の計画を立てねば。。。(笑)。
私も無性に「これこれ、この顔が好きなの~~~っっっ!!!」
と叫びたくなることがあります(ちょっと違う?)。
あれはなんでかな(笑)。
ピーターパンでは、最初のパパが楽しみだわ(^^)。
フック船長は、しっかり悪役に徹していただくとして、
パパの笑顔を楽しみに、7月を待つとします(笑)。

☆hattiさん
お疲れ様でした~♪
浦井くん、ホントに良かった(^^)。
やっぱり、前の誰かを越えるというのは難しいのですねぇ。
でも、すごい!素晴らしいです。
この間テレビでTBSのアナウンサーには、
「先輩を超えるには人の3倍努力しろ、
後輩に抜かれないためには人の5倍練習しろ」
(微妙に違うかも)
という教えがあるのだと言っていました。
人生すべてがそうですねぇ。。。
私もがんばろっと(^^)
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。