スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作秘話~「雪持ち柳」

雪持ち柳

写真が歪みまくっていて申し訳ありません…
制作秘話(と言うほどでもありませんが)、2回目です。
今回は、「切り嵌め」という手法を用いた
「雪持ち柳」のご紹介です。


「雪持ち柳」
※バッグ(サイズ 直径12センチ×幅32センチ)に仕立てる予定です。
本体部分 : 牛革、内ポケットあり
刺繍部分 : 絹地、絹糸、金糸

以前、ここの記事でも書きましたが、
女子美で行われた「小袖シンポジウム」にて
長崎巌先生の講演で話題に上がった
「雪」についてがとても印象的だったので、
いつか、刺繍にしたいとずっと思っていました。

着物の題材に「雪」が扱われるようになったのは、
中世の終わり~近世の初めにかけて、
意外に近い1600年前後の時代のことだそうです。

はじめは、「雪輪文」とよばれる、
家紋でもよく見かける「輪っか」のような模様
(こちらのページをご参考にどうぞ→家紋辞典
が主だったそうですが、
それが、やがて景色文様として描かれるようになり、
そこからいろいろな植物に雪がのっている図案
「雪持ち文」
が生まれたということです。
日本人の面白いところは、
その雪をのせる植物が、決して冬のものに限ってのことではなく、
「芭蕉」など夏の植物にもしっかりとのせてしまい、
それで「涼」をとろう、という。
今、そんな図案をみると不思議で仕方ありませんが、
いろいろ時代によって面白いことがおきるものです。

普段、展覧会を開くときには、
季節にあったものを何点か準備したいと思っているのですが、
今回は、夏を前にしてよい図案が思いつかず、
そのままになりそうなところを、
長崎先生の講義を思い出し、この刺繍となりました。
GWの最後の数日間で図案を起こし、
刺繍を勢いで刺しこんだ作品です。
(でも、勢いのあるときの方が綺麗に刺せたりもするのです)

肝心な「雪」の部分には、
「切り嵌め」と呼ばれる、
いわゆるパッチワークのような手法、
形に切り抜いた生地を地の生地に貼り付けたものを用いました。
用いた生地は、黒く染めた絞りの生地です。
(裏は裏打ちをしてあります)
刺繍糸とはまた違った重厚感が出て、
面白い画になりました。

お店においでの際には、ぜひ、
そんな「涼」を感じていただけたら幸いです。




お店へのアクセスはこちら
cafe e bar U_U(カフェバールユウ)の記事をご参考にどうぞ。

http://cafe.u-u.cc/

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。