スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の人

炎の人 市村正親
「炎の人」

作:三好十郎
演出:栗山民也

出演:市村正親

益岡徹 荻野目慶子

原康義 さとうこうじ 渚あき
斉藤直樹 荒木健太朗
野口俊丞 保可南

中嶋しゅう 大鷹明良

今井朋彦 銀粉蝶

   *****

春休みの頃、三好十郎の「炎の人」を読みました。
台詞のひとつひとつが古いのにとても強く書かれていました。

栗山さんは、そういった脚本を
そのまま、確実に再現する演出家だといつも思います。
今回も、また、その三好十郎のそのままの
「炎の人」を忠実に見ることができたように感じました。
それを素晴らしいと感じるか、
物足りないと感じるかは、
そのときの自身の精神状態によるのでしょうか。
(でも、あの録音テープの効果はさっぱり理解できない)

市村さんのゴッホは、壊れやすい繊細な印象を受けましたが、
ところどころにいつものサービス(ちょっとおちゃらけた感)があり、
それが、年末の「ラ・カージュ・オ・フォール」のような舞台だととても楽しいのですが、
今回のような舞台だと、ときどき鬱陶しくもあり…
でも、あれがないと、あの3時間は耐えられないかなぁ…
ただ、ゴッホの真面目に語れば語るほど、
みんなが引いていくという図だけで、
本当は笑いたかったようにも思います。

大鷹さん・銀粉蝶さんの七変化に脱帽!

   *****

「炎の人」三好十郎 は、青空文庫でも読むことができます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001311/card47646.html






…てゆーか、中川安奈さんが栗山さんの妻だったとは知らなかった!

パンフレットの栗山さんのコメントに中川一政についてが書かれているのです。
中川一政の真鶴の美術館は、私がこの世で一番好きな美術館の一つです。

今まで私が見た絵で感動で動けなくなった絵は、

☆ゴッホの「糸杉」
(メトロポリタン美術館所蔵の二本の糸杉の背景に三日月が浮かんでいるもの)

☆中川一政「金魚」
真鶴町立中川一政美術館

の二つだけです。

テーマ : 観劇・劇評
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

「デモクラシー」以来のストプレ(笑)、「寝ずに見られるか」
という再チャレンジだったのですが、一幕(みんななぜいきなり
こんなに叫び壊れて病んでるの~!!)と居心地悪さを感じていたら、
そのうち意識が・・^^;

でも二幕は、私が見たかった「市村さんの凄味」が感じられて
引き込まれました。
あのおちゃらけ?は市村さんとしてはおちゃらけのつもりで
やってるのか分からなかったけど、益岡さんとの緊迫した
応酬にすっかり見入っていた私は、客席から笑い声が起こるたびに
(そこ笑うとこじゃないだろ!!)(そんなに笑いがないとダメか!?)と
ひとりi-191で^^;あれは笑うのが正解なの(笑)?

原色を叩き付けたような背景の壁、寒々しく吊り下げられた電灯、
こんな雰囲気をどこかで見た・・と思ったら「MA」でした(懐)。
栗山さんはやっぱ東宝ミューはやっちゃいかんかった、と
納得しました(笑)。
見応えあったけど、このご時世にこういう重い話は厳しいのかな、
なんて思いつつ、ダンナさんが別日に一人で観に行くので
男の人はどう感じるのか聞いてみようと思います。

そうそう、今井さん初体験でした(笑)。あのどっぷり
重苦しく濃い空気の中では貴重なキャラクターだった?
市村さんの演技には引き込まれたけど、エキセントリックな
ゴッホより、骨太でどこか退廃的なゴーギャンの
キャラに私は惹かれて、帰りの電車の中吊り広告
「ゴーギャン展」にふと興味をそそられてしまいました。


☆sugerさん

まず、一言つっこませて!!(笑)

デモクラシー以来のストプレ?!
今井さん初体験?!!
デモクラシーに今井さん、出演してますからっっ!!!(爆笑)

…残りはまた後ほど。

さて。

sugerさん、面白いコメントをどうもありがとう。
朝から爆笑させていただきました。
今井さん、デモクラシーに結構重要な役で出ていたんだけどなぁ。。。
記憶にないのね、残念(涙)
(てゆーか、あの今井さんの記憶がなかったら、デモクラシーの記憶がないと言っても過言ではない!)

栗山さんの演出は、その時によって、全然印象が違うんですよね~。
そこが、栗山さんのすごいところな気がして。
今回の炎の人も開けてすぐに見に行った時は、読んだ脚本そのままを感じ取ることができて、結構感動したんだけど、
今週見に行ってみたら、なんというか、物足りないというか、もうちょっとつっこんだところが見たいというか…。
その演出家の個性が見たいならば、亜門さんや蜷川さんや見なくちゃならない人はたくさんいる訳で、栗山さんは脚本をそのまま鑑賞したい時にはぴったりというか。
う~ん、でも、脚本そのままならば、本読んでればいいじゃないか、という気もするし…。
初演か再演か、劇団の座付き作家なのかそうじゃないのか、なんてところにも寄るのかなぁ…。
MAは、私はもう一度、整理し直された状態で、栗山さんの演出で見たいと思っているこのごろです。
初演は確かにぐちゃぐちゃで、つまらないところもあったけれど、もう一度しっかり見たいんだ。

市村さんに関して言えば、そのおちゃらけ感が前回は多少だったのに、今回は、あらゆるところに見え隠れ、じゃないな、完全に見えて、笑わせますよ!という意気込みが見えてしまって。私はどんどん引けてしまったのでした。

突っ込み超早っ(笑)!!!!

>今井さん
えっ!? 言われてマジでうろたえたくらい全く記憶にない、、
言われても思い出せない、、どんだけ寝てたんだ^^
でも実は1回しか観なかった上に大半朦朧としてて、禅さんさえ
「居た。」「・・・居た?」みたいな感じで(笑)何してたか
あまり思い出せないのです・・・
あ、ちなみに「デモクラシー」は初ストプレでした。
私の観劇スキルって・・(笑)。

まあ、そんな私が栗山さんをどうこう語っちゃいけませんが^^;

>MAは、私はもう一度、整理し直された状態で

初演の帝劇→博多→大阪→凱旋での変遷は整理も多少は
されてたけど、変更する中でだんだん骨格そのものが
グダグダになってしまった感じもあって、
そうじゃなく練れた形でお蔵から出してみてほしいなあ。
苦すぎるけれど、決して嫌いな着想ではなかったので。

「炎の人」も重くて苦い話ではあるけど、少し退屈だった一幕や、
さくらさんが言ってる録音テープも、もう一練りして再演されたら、
また観てみたいかなとは思ったのでした。
あれはどのへんまで、元の脚本に沿った構成なのかな。

シィヌとラシェルは、両方もう少し深いニュアンスまで
感じられるとよかったかなぁ。

そして・・今井さんゴメンナサイ(笑)


☆sugerさん

ま、そんなこともあるよね(爆笑)。
市村さんを大元につなぐ結構重要なスパイの役だったんだけどなぁ。。。(あそこから今井さんにハマり始めたのだ、今思えば)

MAはもう少し構成が変わるといいなぁ。
演出や曲やキャストはとても印象深いし好きだったので。
ウィーンで上演されたのは、日本とは随分違っていたという話だけど、どんな風に変わったんだろうねぇ。

炎の人は、完全に脚本どおりだと思いますよ。
観劇以前に読んだ(記憶はあいまいだけど。手元にその本もないし)本そのままの印象だったので。
構成も登場人物も。
だから、ある意味すごいなぁ、栗山さんて…って思うわけです。
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

さくら

  • Author:さくら
  • 禅さん観劇歴10年。
    日本刺繍歴24年。

    定職ももたず、
    夢ばかり追ってますが、
    生涯職人でありたいです。

    *今後の予定*



    石川禅さん応援サイト
    papermoon
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお気に入りblogsidetitle

sidetitleメールフォームsidetitle
ご意見、ご感想などございましたらこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleZ-Angle情報sidetitle

【舞台】
☆レベッカ
2010年3月5日(金)~31日(水) 中日劇場
2010年4月7日(水)~5月24日(月) 帝国劇場
2010年5月30日(日)~6月13日(日) 梅田芸術劇場
☆東京會舘ミュージカルサロン
2010年4月25日(日)18:00~20:50
【CD】
☆BEST MUSICAL 2
発売中!!
【アテレコ】
☆日本昔ばなし~フェアリー・ストーリーズ~
第7集「さるとかに」
発売中!

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleゴルメットちゃん by diorsidetitle

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。